アウエルバッハ神経叢

『1年生の解剖学辞典』~ 解剖学をこれから学ぶ人向けの用語解説 ~

詳細は筋層間神経叢の項目にあります

 筋層間神経叢とは、または、アウエルバッハ神経叢とは、消化管筋層自律神経ニューロンがつくるネットワークのこと。消化管の壁にはふつう2層の筋層があり、その2層の間にあるので「筋層間」という。筋層間神経叢は消化管の筋層の運動(ぜん動運動など)をおこす。

言語表記発音、読み方
日本語医学筋層間神経叢きんそうかんしんけいそう
アウエルバッハ神経叢 *アウエルバッハしんけいそう
筋間神経叢きんかんしんけいそう
筋層間神経節 ***きんそうかんしんけいせつ
英語myenteric (nerve) plexus **マイエンリック(・ーヴ)・プクサス
Auerbach plexus *ウアバック・プクサス
ラテン語plexus (nervosus) myentericusプレクスス(・ネルウォスス)・ミエンテリクス
* アウエルバッハは、19世紀ドイツの解剖学者、レオポルド・アウエルバッハのこと
** myenteric は、enteric(腸の)に myo-(筋の)がついて、消化管の筋の~、腸管筋の~ の意味。myo- の"o"は後ろに続く言葉が母音だとなくなる
*** 神経節は、末梢神経系でニューロンの細胞体が集まったところをさすが、筋層間神経叢に節後ニューロンの細胞体が多いことから、神経節と呼ぶこともある

カテゴリー: 神経組織 | 神経系 | 末梢神経系 | 消化器系 | 消化管 | 人名付

 
 

<ご注意> 『1年生の解剖学辞典』は、解剖学を学んでいる人によって書かれているはずですが、間違いがあるかもしれません。内容はかならず教科書その他で確認してください。また間違いをみつけたら「編集」から直していただくか、「ノート」にコメントを残していただけるとうれしいです。
 どのページにでも自由にリンクしてください。でも、このサイトの文を他の場所に転載(コピー・ペースト)しないでください(コピーした内容に間違いがあったとき、その間違いはその後このサイト上では誰かに修正されるかもしれませんが、あなたがコピーした先では間違ったまま残ってしまいます)。