ウィリスの動脈輪

『1年生の解剖学辞典』~ 解剖学をこれから学ぶ人向けの用語解説 ~

大脳動脈輪でこの項目を参照しています

 ウィリスの動脈輪とは、大脳に入る直前の数本の動脈が、つながりあって輪を作っている構造のこと。大脳動脈輪ともいう。

用語表記発音、読み方
日本語医学ウィリス(の)動脈輪*ウィリス(の)どうみゃくりん
大脳動脈輪だいのうどうみゃくりん
ウィリスの大脳動脈輪*ウィリスのだいのうどうみゃくりん
ウィリス輪*ウィリスりん
ウィリス環*ウィリスかん
英語arterial circle of Willisアーリアル・ークル・オブ・ウィリス
Willis' arterial circleウィリス・アーリアル・ークル
cerebral arterial circleレブラル・アーリアル・ークル
artecrial circle of cerebrumアーリアル・ークル・オブ・レブラム
cerebral arterial circle of Willisレブラル・アーリアル・ークル・オブ・ウィリス
Willis' circleウィリス・ークル
circle of Willisークル・オブ・ウィリス
* ウイリスとも書く

 ウィリス Willis は人名で、トーマス・ウィリス Thomas Willis のこと。17世紀のイギリスの医師の名前で、はじめて大脳動脈輪の完全な構造を明らかにした人。

 ちなみに、「ウィリスの大動脈輪」というものはない(「大脳」動脈輪)。大動脈輪頭部ではなくて、胸部にある別の構造。

構造

 ウィリスの動脈輪は、頭蓋腔内にあって、脳底に接しており、間脳の下側にある視交叉を囲むような場所にある。血管が直径3 cm 前後の輪をつくっている。この「輪」に血液が流れ込むのは、に血液を運ぶ4本の動脈から。これは、左右の内頚動脈と左右の椎骨動脈で、左右の椎骨動脈は合わさって1本の脳底動脈になって内頚動脈と合流する。ウィリスの動脈輪から出て、大脳に入っていく動脈は、後大脳動脈が左右1対ずつあるので、全部で6本。

カテゴリー: 神経系 | 中枢神経系 | | 大脳 | 循環器系 | 心血管系 | 血管 | 頭頚部 | 人名付

 
 

<ご注意> 『1年生の解剖学辞典』は、解剖学を学んでいる人によって書かれているはずですが、間違いがあるかもしれません。内容はかならず教科書その他で確認してください。また間違いをみつけたら「編集」から直していただくか、「ノート」にコメントを残していただけるとうれしいです。
 どのページにでも自由にリンクしてください。でも、このサイトの文を他の場所に転載(コピー・ペースト)しないでください(コピーした内容に間違いがあったとき、その間違いはその後このサイト上では誰かに修正されるかもしれませんが、あなたがコピーした先では間違ったまま残ってしまいます)。