核小体

『1年生の解剖学辞典』~ 解剖学をこれから学ぶ人向けの用語解説 ~

でこの項目を参照しています

 核小体とは、とも呼ばれる細胞小器官で、細胞の中にある球状の構造で、リボソームRNAを合成する場所。1つの細胞に1個あることが多く、何個かあることもある。

言語表記発音、読み方
日本語医学核小体かくしょうたい
**じん
英語単数nucleolus *ヌクリーオラス
複数nucleolei *ヌクーオライ
* 核 nucleus に、小さいもの、かわいいものにつける語尾(指小辞) -lus がついた
** 仁はあまり使わない

 リボソームは、トランスファーRNA(tRNA、転移RNA)と結合してタンパク質(ペプチド)を合成する(=翻訳する)場所。リボソームはリボソームタンパク質リボソームRNAが結合してできている。そのリボソームRNAを専門に転写する場所がの中の核小体である。タンパク質合成がさかんな細胞ではリボソームも多いので、核小体は大きい。細胞分裂のときには、一時的に核小体はなくなる。

カテゴリー: 細胞内構造 | 顕微鏡レベル

 
 

<ご注意> 『1年生の解剖学辞典』は、解剖学を学んでいる人によって書かれているはずですが、間違いがあるかもしれません。内容はかならず教科書その他で確認してください。また間違いをみつけたら「編集」から直していただくか、「ノート」にコメントを残していただけるとうれしいです。
 どのページにでも自由にリンクしてください。でも、このサイトの文を他の場所に転載(コピー・ペースト)しないでください(コピーした内容に間違いがあったとき、その間違いはその後このサイト上では誰かに修正されるかもしれませんが、あなたがコピーした先では間違ったまま残ってしまいます)。