線維軟骨結合

『1年生の解剖学辞典』~ 解剖学をこれから学ぶ人向けの用語解説 ~

 線維軟骨結合とは、どうしの連結方法のひとつで、広い意味の関節の一種。2つの骨が、その間にある線維軟骨をはさんで結合しているもの。線維軟骨の弾力性から、線維軟骨結合では、両側の骨のつくる角度が少し変わるなど、多少の運動ができるので、線維軟骨結合は、半関節に分類されている。線維軟骨結合には、椎間円板(椎間板)、恥骨結合などがある。

言語表記発音、読み方
日本語医学線維軟骨結合せんいなんこつけつごう
英語secondary cartilaginous jointカンダリー・カーティイジナス・ジョイント
fibrocartilaginous jointファイブロ-カーティイジナス・ジョイント
英語・ラテン語symphysisスィンフィシス
amphiarthrosisアンフィ-アースーシス

 2つのの間に軟骨がある「軟骨性連結」には、線維軟骨結合の他に、軟骨結合というのもあり、こちらは、線維軟骨ではなく硝子軟骨が骨の間にはさまっている。軟骨結合は線維軟骨結合よりも可動性が低く、不動関節(不動結合)に分類される。

カテゴリー: 骨格系 | 運動器系 | 関節

 
 

<ご注意> 『1年生の解剖学辞典』は、解剖学を学んでいる人によって書かれているはずですが、間違いがあるかもしれません。内容はかならず教科書その他で確認してください。また間違いをみつけたら「編集」から直していただくか、「ノート」にコメントを残していただけるとうれしいです。
 どのページにでも自由にリンクしてください。でも、このサイトの文を他の場所に転載(コピー・ペースト)しないでください(コピーした内容に間違いがあったとき、その間違いはその後このサイト上では誰かに修正されるかもしれませんが、あなたがコピーした先では間違ったまま残ってしまいます)。