絨毛 の変更点

『1年生の解剖学辞典』~ 解剖学をこれから学ぶ人向けの用語解説 ~

> [[柔突起]]、[[柔毛]]でこの項目を参照しています

> 関連する内容が、[[腸絨毛]]の項目にあります

 ''絨毛''とは、びっしりと並んで生えている小さな突起のこと。絨毛の「絨」は、じゅうたん(絨毯)の絨で、絨毯のようにケバだったものがびっしりとならんでいるときのケバケバのイメージ。医学関係以外の分野では、''柔毛''、''柔突起''などに言い換えられることもある。

|>|~言語|~表記|~発音、読み方|
|日本語|医学|[[絨毛]]|じゅうもう|
|~|一般|[[柔毛]]* |~|
|~|~|[[柔突起]]* |じゅうとっき|
|英語・ラテン語|単数|villus** |(英語読み)''ヴィ''ラス &br; (ラテン語読み)ウィルス |
|~|複数|villi** |(英語読み)''ヴィ''ライ &br; (ラテン語読み)ウィリ |

| * 絨毛のことを、柔毛、柔突起などと呼ぶのは、 「絨」の字が難しいので、一般向きの文ではこれを避けて「柔」を使うことにすることがあるため。「絨」と「柔」は読み方が同じだが、意味が同じ漢字ではないので、[[異体字]]というわけではない &br; ** 絨毛は常にたくさん並んで生えているので、ふつうは複数毛を使う。単数形はあまり使わない |f
| * |  絨毛のことを、柔毛、柔突起などと呼ぶのは、 「絨」の字が難しいので、一般向きの文ではこれを避けて「柔」を使うことにすることがあるため。「絨」と「柔」は読み方が同じだが、意味が同じ漢字ではないので、[[異体字]]というわけではない |f
| ** |  絨毛は常にたくさん並んで生えているので、ふつうは複数形を使う。単数形はあまり使わない |f

 人体の中では、[[小腸]]の内側の壁([[粘膜]]の表面)にあるケバケバが[[腸絨毛]](ちょうじゅうもう)、[[胎盤]]の[[絨毛膜]](じゅうもうまく)にある[[絨毛膜絨毛]](じゅうもうまくじゅうもう)が代表的。
 人体の中では、[[小腸]]の内側の壁([[粘膜]]の表面)にあるケバケバが[[腸絨毛]](ちょうじゅうもう)、[[胎盤]]の[[絨毛膜]](じゅうもうまく)にある[[絨毛膜絨毛]](じゅうもうまくじゅうもう)が代表的だが、ただ「絨毛」とだけ言うときは、[[腸絨毛]]のことを指すことが多い。

- [[微絨毛]](びじゅうもう)は、絨毛とは全く別の構造で、もっとずっと小さい。[[細胞]]1個1個の表面にあるケバケバのこと。いろいろな細胞の表面の[[細胞膜]]にある。
 [[微絨毛]](びじゅうもう)は、絨毛とは全く別の構造で、もっとずっと小さい。[[細胞]]1個1個の表面にあるケバケバのこと。いろいろな細胞の表面の[[細胞膜]]にある。

> カテゴリー: [[顕微鏡レベル>category/顕微鏡レベル]] | [[形>category/形]]
 
 

<ご注意> 『1年生の解剖学辞典』は、解剖学を学んでいる人によって書かれているはずですが、間違いがあるかもしれません。内容はかならず教科書その他で確認してください。また間違いをみつけたら「編集」から直していただくか、「ノート」にコメントを残していただけるとうれしいです。
 どのページにでも自由にリンクしてください。でも、このサイトの文を他の場所に転載(コピー・ペースト)しないでください(コピーした内容に間違いがあったとき、その間違いはその後このサイト上では誰かに修正されるかもしれませんが、あなたがコピーした先では間違ったまま残ってしまいます)。