内腔

『1年生の解剖学辞典』~ 解剖学をこれから学ぶ人向けの用語解説 ~

ルーメン管腔でこの項目を参照しています

 内腔とは、「内側の空洞」を指す一般的な用語。管状あるいは袋状をしている構造について、内側の空洞の部分のこと。

用語表記発音、読み方
日本語医学内腔ないくう*
管腔**かんくう*
ルーメン***ルーメン
英語・ラテン語lumenーメン
英語形容luminal†ミナル
* 「腔」の漢字の読み方については、を参照
** 管腔は、内腔と同じような意味だが、管状の構造の内腔を指す
*** ラテン語だが、日本語の用語としても使われる。ただし、話し言葉として使われることが多い。もとになったラテン語の lumen は、「明かり」や「明かり取り用の窓」、「開口部」などの意味。光束の単位のルーメン lumen も同じラテン語に由来する用語。牛などの反芻動物の第1胃のこともルーメンというが、こちらは別のラテン語 rumen から。rumen はのどの意味
† 形容詞形:「内腔の~」「内腔側の~」

 などの消化管血管リンパ管膀胱など内側が空洞になっていれば、そこはみな内腔。内腔に実際に何が入っているかはものによって異なる。

カテゴリー:

 
 

<ご注意> 『1年生の解剖学辞典』は、解剖学を学んでいる人によって書かれているはずですが、間違いがあるかもしれません。内容はかならず教科書その他で確認してください。また間違いをみつけたら「編集」から直していただくか、「ノート」にコメントを残していただけるとうれしいです。
 どのページにでも自由にリンクしてください。でも、このサイトの文を他の場所に転載(コピー・ペースト)しないでください(コピーした内容に間違いがあったとき、その間違いはその後このサイト上では誰かに修正されるかもしれませんが、あなたがコピーした先では間違ったまま残ってしまいます)。