リンパ管

『1年生の解剖学辞典』~ 解剖学をこれから学ぶ人向けの用語解説 ~

 リンパ管とは、血管、特に静脈と同じように体内を走る器官系リンパ系に含まれる器官。体中の組織の中から組織液細胞外液)が流れ込み、これが集められて、リンパ管を通って静脈へと送られる。リンパ管の中を流れる液体をリンパ液(リンパ)という。

言語表記発音、読み方
日本語医学リンパ管リンパかん
英語lymph vesselンフ・ヴェッセル
lymphatic vesselリンファティック・ヴェッセル

 リンパ管のはじまるところは全身の組織内で、そこでは毛細血管のように細いリンパ管(=毛細リンパ管)があり、そこで組織液がリンパ管に流れこんで、リンパ液となる。細いリンパ管は合流して、次第に太くなりながら、途中で、リンパ節を通る。最終的にはリンパ管は2本にまとまり、それぞれが左右の静脈角で静脈に合流する。

 リンパ管の構造は、壁が薄くて、があるなど、静脈とよく似ている。

カテゴリー: 循環器系 | リンパ系

 
 

<ご注意> 『1年生の解剖学辞典』は、解剖学を学んでいる人によって書かれているはずですが、間違いがあるかもしれません。内容はかならず教科書その他で確認してください。また間違いをみつけたら「編集」から直していただくか、「ノート」にコメントを残していただけるとうれしいです。
 どのページにでも自由にリンクしてください。でも、このサイトの文を他の場所に転載(コピー・ペースト)しないでください(コピーした内容に間違いがあったとき、その間違いはその後このサイト上では誰かに修正されるかもしれませんが、あなたがコピーした先では間違ったまま残ってしまいます)。