CT

『1年生の解剖学辞典』~ 解剖学をこれから学ぶ人向けの用語解説 ~

詳細はコンピュータ断層撮影法X線CTの項目にあります

 CTとは、computed tomography (コンピューティッド・トモグラフィ)の略で、コンピュータ断層撮影法のこと。本来この言葉は、様々な原理で得られたデータを使って、コンピュータを使って断層画像として再構成する方法、たとえば、X線CTMRIPETなどをすべて含む広い意味の言葉だが、ふつうに使うときは歴史的に最初に実用化されたX線CTのことだけを指す。

言語表記発音、読み方
日本語医学コンピュータ断層撮影法コンピュータだんそうさつえいほう
英語computed tomographyコンピューティッド・トグラフィ
略語CTスィー・ティー

 tomography は、tomos(ギリシャ語:切断面、断層)+graphy(記録法、記述法)の合成語。

カテゴリー: 材料と方法 | 診断・治療 | 略語

 
 

<ご注意> 『1年生の解剖学辞典』は、解剖学を学んでいる人によって書かれているはずですが、間違いがあるかもしれません。内容はかならず教科書その他で確認してください。また間違いをみつけたら「編集」から直していただくか、「ノート」にコメントを残していただけるとうれしいです。
 どのページにでも自由にリンクしてください。でも、このサイトの文を他の場所に転載(コピー・ペースト)しないでください(コピーした内容に間違いがあったとき、その間違いはその後このサイト上では誰かに修正されるかもしれませんが、あなたがコピーした先では間違ったまま残ってしまいます)。