脛骨

『1年生の解剖学辞典』~ 解剖学をこれから学ぶ人向けの用語解説 ~

関連する内容が、下腿骨?の項目にあります

 脛骨とは、または、𦙾骨とは、すね(下腿)に2本あるのうちの内側のほう。長骨である。向こうずね?をつくっている骨で、下腿の前面の皮膚のすぐ下にあるので体表からさわれる。下腿のもう1本の骨は腓骨で、これらを合わせて下腿骨?と呼ぶことがある。腓骨は脛骨の外側、下腿の後面のふくらはぎに近い場所にある。

言語表記発音、読み方
日本語医学脛骨、𦙾骨*けいこつ
英語・ラテン語tibia*ティビア
英語shank bone**シャンク・ボウン
shin bone**ン・ボウン
英語形容tibial ~ ***ティビアル
* 𦙾 (「軽」の「車」のかわりに「月」)は、 異体字(略字)。JIS第4水準の漢字で、 Mac、Windowsなどでは表示可能だが、スマートフォンなどでは表示されない場合がある。異体字の項目を参照)
** shank、shin はどちらも「すね」の意味
*** 脛骨の、だけでなく、脛側の、の意味もある

 下腿で体重を支えているのは脛骨。脛骨は腓骨よりもずっと太い。これは、下腿のがつくる関節を考えるとわかる。脛骨は、上端で大腿骨?との間で膝関節?をつくり、下端では腓骨とともに距骨?との間で距腿関節?をつくる。一方、腓骨の上端は脛骨につくだけで膝関節には関係せず、大腿骨とは結合しないため、膝から上の重さはすべて脛骨が受ける。

 膝関節?をつくる脛骨の上端は太く広がっていて、ふくらんだ部分の内側半分を内側顆?、外側を外側顆?という。内側顆と外側顆の上面に関節面?がある。外側顆の斜め下に腓骨がつく腓骨関節面?がある。下端では、特に内側に向かって太くなっていて、そこには内くるぶしに対応するふくらみ、内果?があり、下方にもとびだしている。外側には腓骨がつくくぼみの腓骨切痕?がある。上端と下端の間が脛骨体?。脛骨体の横断面は三角形をしていて、前面がとがって前縁?をつくる。前縁の上端付近にはゆるいふくらみ、脛骨粗面?がある。脛骨粗面は、大腿四頭筋からつづく膝蓋腱?がつく場所である。

カテゴリー: 運動器系 | 骨格系 | | 下腿 | 下肢

 
 

<ご注意> 『1年生の解剖学辞典』は、解剖学を学んでいる人によって書かれているはずですが、間違いがあるかもしれません。内容はかならず教科書その他で確認してください。また間違いをみつけたら「編集」から直していただくか、「ノート」にコメントを残していただけるとうれしいです。
 どのページにでも自由にリンクしてください。でも、このサイトの文を他の場所に転載(コピー・ペースト)しないでください(コピーした内容に間違いがあったとき、その間違いはその後このサイト上では誰かに修正されるかもしれませんが、あなたがコピーした先では間違ったまま残ってしまいます)。