トライツ

『1年生の解剖学辞典』~ 解剖学をこれから学ぶ人向けの用語解説 ~

 トライツは人名。

ヴァーツラフ・トライツ

 ヴァーツラフ・トライツ Václav Treitz (またはヴェンツェル・トライツ Wenzel Treitz)は、19世紀のチェコ(当時ボヘミア王国、のちオーストリア=ハンガリー帝国)の病理・解剖学者。1819–1872。トライツ靭帯(=十二指腸提筋)その他の発見で有名。

 プラハの大学で人文科学から医学を志し、大学院ではウイーン大学でヨーゼフ・ヒルトル Joseph Hyrtl に師事し解剖学・病理学を専攻。31歳でクラクフの大学で解剖医として働き始め、2年後にトライツ靭帯の論文を発表。その後、プラハに戻り病理学の教授に。52歳のときにうつ病からシアン化カリの服毒自殺。

カテゴリー: 人名

 
 

<ご注意> 『1年生の解剖学辞典』は、解剖学を学んでいる人によって書かれているはずですが、間違いがあるかもしれません。内容はかならず教科書その他で確認してください。また間違いをみつけたら「編集」から直していただくか、「ノート」にコメントを残していただけるとうれしいです。
 どのページにでも自由にリンクしてください。でも、このサイトの文を他の場所に転載(コピー・ペースト)しないでください(コピーした内容に間違いがあったとき、その間違いはその後このサイト上では誰かに修正されるかもしれませんが、あなたがコピーした先では間違ったまま残ってしまいます)。