頚椎

『1年生の解剖学辞典』~ 解剖学をこれから学ぶ人向けの用語解説 ~

頸椎でこの項目を参照しています

関連する内容が椎骨の項目にあります

 頚椎とは、または頸椎とは、背骨(脊柱)をつくる椎骨のうち、頚部(首)にあるもの7個の呼び名。脊柱をつくる椎骨全体の中で一番上の7個である。椎骨の中では小型で、首が動かせるようにそれぞれが連結する関節の可動範囲が広いのが特徴。

言語表記発音、読み方
日本語医学頚椎頸椎 *けいつい
略語C **スィ―
英語cervical vertebraーヴィカル・ヴァーテブラ
ラテン語vertebra cervicalisウェルテブラ・ケルウィカリス
*  はどちらを使ってもよい。異体字を参照
** Cは cervical vertebrae の略。第1~第7頚椎を、C1~C7と略すことがある。ただし、脊髄神経の第1~第8頚神経も、C1~C8と略すことがある
図:頚椎 *1
脊柱のうち、頚椎が赤色   、頚椎以外の部分が水色    で表示。椎骨の間の椎間円板は黄色   
頚椎

 上から順に番号をつけて第1頚椎、第2頚椎… 第7頚椎と呼ぶ。一番上の頚椎(第1頚椎環椎)は頭蓋後頭骨関節をつくり、一番下の頚椎(第7頚椎隆椎)は胸椎と関節をつくる。特徴的な形をしていて別名があるのもある。第1頚椎=環椎、第2頚椎=軸椎、第7頚椎=隆椎。

図:頚椎(後ろから見たところ) *2
脊柱のうち、頚椎が赤色   胸椎が水色    で表示、頚椎と関節を作る後頭骨が緑色   椎骨の間の椎間円板は黄色   
頚椎
図:頚椎(横から見たところ) *3
脊柱のうち、頚椎が赤色   胸椎が水色    で表示、頚椎と関節を作る後頭骨が緑色   椎骨の間の椎間円板は黄色   
頚椎

カテゴリー: 運動器系 | 骨格系 | 脊柱 | | 頭頚部


*1 Source: BodyParts3D, © ライフサイエンス統合データベースセンター licensed under CC表示 継承2.1 日本 80x15.png
*2 Source: BodyParts3D, © ライフサイエンス統合データベースセンター licensed under CC表示 継承2.1 日本 80x15.png
*3 Source: BodyParts3D, © ライフサイエンス統合データベースセンター licensed under CC表示 継承2.1 日本 80x15.png
 
 

<ご注意> 『1年生の解剖学辞典』は、解剖学を学んでいる人によって書かれているはずですが、間違いがあるかもしれません。内容はかならず教科書その他で確認してください。また間違いをみつけたら「編集」から直していただくか、「ノート」にコメントを残していただけるとうれしいです。
 どのページにでも自由にリンクしてください。でも、このサイトの文を他の場所に転載(コピー・ペースト)しないでください(コピーした内容に間違いがあったとき、その間違いはその後このサイト上では誰かに修正されるかもしれませんが、あなたがコピーした先では間違ったまま残ってしまいます)。