交感神経

『1年生の解剖学辞典』~ 解剖学をこれから学ぶ人向けの用語解説 ~

詳細は、交感神経系の項目にあります

関連する内容が、自律神経系にあります

 交感神経系とは、または交感神経とは、内臓の機能などを、意識せずに自動的に調節する働きをもつ神経のグループで、もうひとつの副交感神経系とともに、自律神経系に含まれる。交感神経と副交感神経の働きは反対で、お互いの活動のバランスで、内臓機能を調節している。交感神経は体を活動的に、運動しやすくするように調節するのに対し、副交感神経は体を休息させ、同時に栄養の摂取や生殖などを活発化させる。

言語表記発音、読み方
日本語医学交感神経系こうかんしんけいけい
交感神経こうかんしんけい
英語sympathetic nervous systemスィンパスィティック・ーヴァス・スィステム
sympathetic nerveスィンパスィティック・ーヴ

カテゴリー: 神経系 | 末梢神経系 | 自律神経系 | 器官系

 
 

<ご注意> 『1年生の解剖学辞典』は、解剖学を学んでいる人によって書かれているはずですが、間違いがあるかもしれません。内容はかならず教科書その他で確認してください。また間違いをみつけたら「編集」から直していただくか、「ノート」にコメントを残していただけるとうれしいです。
 どのページにでも自由にリンクしてください。でも、このサイトの文を他の場所に転載(コピー・ペースト)しないでください(コピーした内容に間違いがあったとき、その間違いはその後このサイト上では誰かに修正されるかもしれませんが、あなたがコピーした先では間違ったまま残ってしまいます)。