自律神経系

『1年生の解剖学辞典』~ 解剖学をこれから学ぶ人向けの用語解説 ~

 自律神経系とは、または自律神経とは、体中に張り巡らされた末梢神経系のうち、主に内臓などの機能を調節しているもの。大抵は無意識的に、自動的、自律的に調節されているのでこう呼ばれる。植物神経系ともいう。脳や脊髄から出るときは、脳神経や脊髄神経の一部として出る。

言語表記発音、読み方
日本語医学自律神経系じりつしんけいけい
自律神経じりつしんけい
植物神経系しょくぶつしんけいけい
英語autonomic nervous systemオートーミック・ーヴァス・スィステム
autonomic nerveオートーミック・ーヴ
vegetative nervous systemヴェジテイティブ・ーヴァス・スィステム

交感神経系と副交感神経系

 自律神経系は、性質の違う2種類、交感神経系副交感神経系に分けられる。交感神経と副交感神経は、どちらも、その主なはたらきは内臓筋平滑筋)の運動(のぜん動運動、血管の収縮など)を制御したり、分泌消化液など)を調節したりすること。しかし、内臓に対する働きはたいてい反対の作用を持ち、ひとつの内臓に交感神経と副交感神経の両方がつながっている場合が多い。交感神経と副交感神経は、脳や脊髄から出る場所や通る経路が違い、神経伝達物質も違う。

自律神経系の定義

 自律神経は、中枢神経系から内臓などの機能を調節する神経系なので、別の言い方で、内臓運動性神経または内臓遠心性神経ともいう。ただし、内臓などの状況を中枢神経系脊髄)に伝える内臓知覚性神経内臓求心性神経)を自律神経系に含める場合もある。自律神経系に含まれない末梢神経には、視覚聴覚皮膚知覚などの感覚を伝える神経(体知覚性神経)や、骨格筋の運動を制御する神経(体運動性神経)などがある。

 まとめると、末梢神経は下のように分けることができるが、内臓知覚性神経を自律神経に含めるかどうかについて、含める場合、含めない場合があって紛らわしい。

末梢神経の種類説明狭い定義広い定義
体知覚性神経目、耳、皮膚などの感覚を伝える
体運動性神経骨格筋の運動を伝える
内臓知覚性神経内臓の感覚を伝える自律神経
内臓運動性神経内臓の運動、分泌を伝える自律神経

カテゴリー: 神経系 | 末梢神経系 | 自律神経系 | 器官系

 
 

<ご注意> 『1年生の解剖学辞典』は、解剖学を学んでいる人によって書かれているはずですが、間違いがあるかもしれません。内容はかならず教科書その他で確認してください。また間違いをみつけたら「編集」から直していただくか、「ノート」にコメントを残していただけるとうれしいです。
 どのページにでも自由にリンクしてください。でも、このサイトの文を他の場所に転載(コピー・ペースト)しないでください(コピーした内容に間違いがあったとき、その間違いはその後このサイト上では誰かに修正されるかもしれませんが、あなたがコピーした先では間違ったまま残ってしまいます)。