神経

『1年生の解剖学辞典』~ 解剖学をこれから学ぶ人向けの用語解説 ~

神経線維束でこの項目を参照しています

 神経とは、体の中で神経線維が束になって走っているひも状の構造のこと。体中を走っており、さまざまな情報を伝える働きをしている。末梢神経系に含める。

言語表記発音、読み方
日本語医学神経しんけい
英語nerveーヴ
ラテン語単数nervusネルウス
複数nerviネルウィ

 神経は、神経細胞から伸びる神経線維が無数に集まって束になり、肉眼で見えるほどの太さになっているので、この意味で神経線維束ともいう。ひも状の神経の内部は、神経線維やそれをとりまく鞘(さや)をつくっているシュワン細胞などだけが入っており、神経細胞の本体(神経細胞体)はない。神経細胞体があるのは、脊髄などの中枢神経系に属する器官や、神経の途中にふくらんだ箇所(=神経節)だけ。

 太いものから細いものまでいろいろあるが、太いものはどの人でも走り方(どこから出てどこに行くのか、どこを通るのか、など)が一定なので、その走り方はよく研究されていて、みな名前がついている。ちなみに、体の中でもっとも太い神経は、お尻(殿部)から太もも(大腿)の後面を下に向かって進む坐骨神経。坐骨神経の断面は平らな楕円形だが、太いほうの径は2~4 cm 程度もある。

カテゴリー: 神経系 | 末梢神経系

 
 

<ご注意> 『1年生の解剖学辞典』は、解剖学を学んでいる人によって書かれているはずですが、間違いがあるかもしれません。内容はかならず教科書その他で確認してください。また間違いをみつけたら「編集」から直していただくか、「ノート」にコメントを残していただけるとうれしいです。
 どのページにでも自由にリンクしてください。でも、このサイトの文を他の場所に転載(コピー・ペースト)しないでください(コピーした内容に間違いがあったとき、その間違いはその後このサイト上では誰かに修正されるかもしれませんが、あなたがコピーした先では間違ったまま残ってしまいます)。