シルヴィウス

『1年生の解剖学辞典』~ 解剖学をこれから学ぶ人向けの用語解説 ~

 シルヴィウスは、または、シルビウスは、ラテン語の人名(Sylvius)。西洋の近世までの学者は、生まれた国、地域の名前とは別にラテン語の名前を使うことがあった。sylvian は Sylvius の形容詞形で、もとは人名だが一般名詞化したので最初の s も小文字でよい。解剖学関係で有名なシルビウスは2人いる。

フランシスクス・シルウィウス

 フランシスクス・シルウィウス Franciscus Sylvius は、17世紀のオランダの内科医、脳研究者。本名は フランツ・ド ル ボエ Franz de le Boë。フランシスクス Franciscus は フランツ Franz をラテン語風にしたもの。

シルヴィウス溝に名前が残っており、ジンの発明者としても有名。

ヤコブス・シルウィウス

 ヤコブス・シルウィウス Jacobus Sylvius は、15~16世紀のフランスの解剖学者。ラテン語名で、本名はジャック・デュボア Jacque Debois。ヤコブス Jacobus は ジャック Jacque のラテン語名。

 シルヴィウス水道などに名前が残っている。

カテゴリー: 人名

 
 

<ご注意> 『1年生の解剖学辞典』は、解剖学を学んでいる人によって書かれているはずですが、間違いがあるかもしれません。内容はかならず教科書その他で確認してください。また間違いをみつけたら「編集」から直していただくか、「ノート」にコメントを残していただけるとうれしいです。
 どのページにでも自由にリンクしてください。でも、このサイトの文を他の場所に転載(コピー・ペースト)しないでください(コピーした内容に間違いがあったとき、その間違いはその後このサイト上では誰かに修正されるかもしれませんが、あなたがコピーした先では間違ったまま残ってしまいます)。