神経節

『1年生の解剖学辞典』~ 解剖学をこれから学ぶ人向けの用語解説 ~

 神経節とは、神経の途中がふくらんでいる部分のこと。体中を走っている神経は、目で見えないぐらい細い神経線維が無数に集まってできた束だが、神経節のところにだけは、神経細胞の本体(=神経細胞体)がある。神経には、そこから出る神経線維がのびて通っている。神経は末梢神経系に属していて、その途中にある神経節も末梢神経系である。

言語表記発音、読み方
日本語医学神経節しんけいせつ
英語単数ganglion*ガングリオン
複数gangliaガングリア
* ganglion は神経節以外にも、関節や腱にできる小さな球状のかたまり(内側に粘液がたまる)も指す言葉。特に、一般にカタカナで「ガングリオン」と書くときはそちらを指す

 神経叢は神経節と似ているが、神経節が丸くふくらんだ形なのに対し、神経叢はいくつかの神経があつまってからみ合ったような構造を指す。神経叢では、神経線維が入り組んで走っているだけなのか、その場所に神経細胞体があるのかは、ものによって違う。

神経節の例

頭部にあるもの

  • 毛様体神経節?
  • 三叉神経節?(半月神経節、ガッセル神経節)
  • 膝神経節
  • 翼口蓋神経節?
  • 上神経節?
  • 下神経節?

頭部以外にあるもの

  • 脊髄後根神経節(脊髄神経節、後根神経節)
  • 星状神経節?
  • 幹神経節?交感神経幹?
  • 椎前神経節?

カテゴリー: 神経系 | 末梢神経系

 
 

<ご注意> 『1年生の解剖学辞典』は、解剖学を学んでいる人によって書かれているはずですが、間違いがあるかもしれません。内容はかならず教科書その他で確認してください。また間違いをみつけたら「編集」から直していただくか、「ノート」にコメントを残していただけるとうれしいです。
 どのページにでも自由にリンクしてください。でも、このサイトの文を他の場所に転載(コピー・ペースト)しないでください(コピーした内容に間違いがあったとき、その間違いはその後このサイト上では誰かに修正されるかもしれませんが、あなたがコピーした先では間違ったまま残ってしまいます)。