シルヴィウス水道

『1年生の解剖学辞典』~ 解剖学をこれから学ぶ人向けの用語解説 ~

詳細は中脳水道の項目にあります

 シルヴィウス水道とは、中脳水道の別名。の中にある空洞、つまり脳室の部分の名前で、中脳の内部を貫通する部分。

言語表記発音、読み方
日本語医学中脳水道ちゅうのうすいどう
シルヴィウス水道*シルヴィウスすいどう
英語cerebral aqueduct**レブラル・クィダクト
sylvian aqueduct*,**スィルヴィアン・クィダクト
ラテン語aqueductus cerebriアクエドゥクトゥス・ケレブリ
aqueductus sylviiアクエドゥクトゥス・スィルウィイ
* シルヴィウスは、15~16世紀のフランスの解剖学者のヤコブス・シルウィウス(ラテン語名、本名はジャック・デュボア)から。sylvian はその形容詞。もとは人名だが一般名詞化したので最初のsも小文字でよい。シルヴィウス溝のシルヴィウスは、17世紀のオランダの内科医、脳研究者のフランシスクス・シルウィウス(ラテン語名、本名はフランツ・ド ル ボエ)。こちらのほうが有名か
** aqueduct は昔の水道用の送水路から

カテゴリー: 神経系 | 中枢神経系 | | 頭頚部 | 人名付

 
 

<ご注意> 『1年生の解剖学辞典』は、解剖学を学んでいる人によって書かれているはずですが、間違いがあるかもしれません。内容はかならず教科書その他で確認してください。また間違いをみつけたら「編集」から直していただくか、「ノート」にコメントを残していただけるとうれしいです。
 どのページにでも自由にリンクしてください。でも、このサイトの文を他の場所に転載(コピー・ペースト)しないでください(コピーした内容に間違いがあったとき、その間違いはその後このサイト上では誰かに修正されるかもしれませんが、あなたがコピーした先では間違ったまま残ってしまいます)。