大彎

『1年生の解剖学辞典』~ 解剖学をこれから学ぶ人向けの用語解説 ~

詳細は、大弯の項目にあります

 大弯とは、または大彎とは、の壁の一部をさす言葉。胃は横向きに膨らんで左右に片寄った形だが、その大きく膨らんだ左側のふちのこと。

言語表記発音、読み方
日本語医学大弯 *だいわん、たいわん
大彎 *
英語greater curverture of stomachイター・ーヴァチャー・オブ・スマック
ラテン語curvatura ventriculi majorクルワテュラ・ウェントゥリクリ・マヨール
* は弓なりに曲がっている意味で、本来の字は だが、略字の もよく使う(異体字の項目に関連する内容あり)。
 ちなみに弓なりに曲がっていることを示す「湾曲」も昔は「彎曲」と書いたが、より一般的な「湾」を使うように変わった。大弯のことを大湾と書く習慣はない

カテゴリー: 消化器系 | 消化管 | 腹部 |

 
 

<ご注意> 『1年生の解剖学辞典』は、解剖学を学んでいる人によって書かれているはずですが、間違いがあるかもしれません。内容はかならず教科書その他で確認してください。また間違いをみつけたら「編集」から直していただくか、「ノート」にコメントを残していただけるとうれしいです。
 どのページにでも自由にリンクしてください。でも、このサイトの文を他の場所に転載(コピー・ペースト)しないでください(コピーした内容に間違いがあったとき、その間違いはその後このサイト上では誰かに修正されるかもしれませんが、あなたがコピーした先では間違ったまま残ってしまいます)。