ひだ

『1年生の解剖学辞典』~ 解剖学をこれから学ぶ人向けの用語解説 ~

皺壁褶壁でこの項目を参照しています

 ひだとは、たいらな平面の表面にある、線状に続く盛り上がりのこと。線状の盛り上がりは1本だけある場合も、たくさん並んでいる場合もある。fold などの訳語として使われる。

言語表記発音、読み方
日本語医学ひだ、ヒダ*
皺壁**、褶壁**しゅうへき
英語foldフォウルド
英語・ラテン語単数plica(英語読み)プイカ
(ラテン語読み)プリカ
複数plicae(英語読み)プイスィ―
(ラテン語読み)プリカエ
* 「ひだ」の漢字の はあまり使わない傾向がある
** plicae の訳に対応し、何かの表面がしわしわになっているような場合に使う

ひだの例

カテゴリー:

 
 

<ご注意> 『1年生の解剖学辞典』は、解剖学を学んでいる人によって書かれているはずですが、間違いがあるかもしれません。内容はかならず教科書その他で確認してください。また間違いをみつけたら「編集」から直していただくか、「ノート」にコメントを残していただけるとうれしいです。
 どのページにでも自由にリンクしてください。でも、このサイトの文を他の場所に転載(コピー・ペースト)しないでください(コピーした内容に間違いがあったとき、その間違いはその後このサイト上では誰かに修正されるかもしれませんが、あなたがコピーした先では間違ったまま残ってしまいます)。