アウエルバッハ

『1年生の解剖学辞典』~ 解剖学をこれから学ぶ人向けの用語解説 ~
 

 アウエルバッハは人名。

レオポルド・アウエルバッハ

 レオポルド・アウエルバッハ Leopold Auerbach は、ドイツのブレスラウ Breslau 生まれの神経病理学者。1828~1897年。ブレスラウは現在のポーランドの ヴロツワフ Wrocław。ブレスラウ、ベルリン、ライプツィヒで医学を学び、外科医、のちにブレスラウの大学で教授として神経病理学の分野の研究をおこなった。染色標本で神経組織を観察し始めた最初の一人と言われていて、アウエルバッハ神経叢消化管の筋層間神経叢)を発見した。

カテゴリー: 人名

 
 

<ご注意> 『1年生の解剖学辞典』は、解剖学を学んでいる人によって書かれているはずですが、間違いがあるかもしれません。内容はかならず教科書その他で確認してください。また間違いをみつけたら「編集」から直していただくか、「ノート」にコメントを残していただけるとうれしいです。
 どのページにでも自由にリンクしてください。でも、このサイトの文を他の場所に転載(コピー・ペースト)しないでください(コピーした内容に間違いがあったとき、その間違いはその後このサイト上では誰かに修正されるかもしれませんが、あなたがコピーした先では間違ったまま残ってしまいます)。