指骨

『1年生の解剖学辞典』~ 解剖学をこれから学ぶ人向けの用語解説 ~

足指骨趾骨でこの項目を参照しています

 指骨とは、の中にあるの総称。

言語表記発音、読み方
日本語医学指骨*しこつ
英語複数bones of digitsウンズ・オブ・ディジッツ
* 手指の骨だけを指すときは、手の指骨または手指骨、足の指(=足指)の骨は、足の指骨または足指骨趾骨(しこつ)と呼ぶ

厳密には

指骨 = 指節骨 + そのほかの種子骨

 関連する用語、指節骨は、指の各関節の間の部分(=指節)を支えている骨のことだが、指骨は、これらの指節骨の他に、指の関節(=指節間関節)に付属している種子骨も含む。指の種子骨は、すべての関節にあるわけではなく、その一部、たいていは決まった箇所の関節にある。

簡単には

指骨 ≒ 指節骨

 したがって、指の関節の種子骨を気にしないときには、指骨と指節骨とは同じような意味で使われる。特に、簡単な言い方である指骨のほうがよく使われる。

カテゴリー: 運動器系 | | | | 上肢 | 下肢 | | 骨格系

 
 

<ご注意> 『1年生の解剖学辞典』は、解剖学を学んでいる人によって書かれているはずですが、間違いがあるかもしれません。内容はかならず教科書その他で確認してください。また間違いをみつけたら「編集」から直していただくか、「ノート」にコメントを残していただけるとうれしいです。
 どのページにでも自由にリンクしてください。でも、このサイトの文を他の場所に転載(コピー・ペースト)しないでください(コピーした内容に間違いがあったとき、その間違いはその後このサイト上では誰かに修正されるかもしれませんが、あなたがコピーした先では間違ったまま残ってしまいます)。