クモ膜下腔

『1年生の解剖学辞典』~ 解剖学をこれから学ぶ人向けの用語解説 ~

 クモ膜下腔とは、脊髄の表面と、それを外側から包んでいるクモ膜との間にある狭いすき間のこと。クモ膜下腔には脳脊髄液(=髄液)があるので、脳と脊髄は脳脊髄液の中に浸っていることになる。

言語表記発音、読み方
日本語医学蜘蛛膜下腔、クモ膜下腔くもまくかくう *1
英語subarachnoid spaceサブアクノイド・スイス
ラテン語spatium subarachnoideumスパティウム・スブアラクノイデウム
*1 「腔」の読み方「くう」については、を参照

 脊髄の外側は脳脊髄膜(=髄膜)に覆われている。髄膜は3層の膜からできていて、外側から硬膜クモ膜軟膜である。硬膜は脳や脊髄のまわりにあるにくっついていて、クモ膜も硬膜にくっついている。一方、一番内側の軟膜は脳や脊髄の表面にくっついているので、クモ膜と軟膜との間には比較的広いすき間がある。このすき間がクモ膜下腔である。

カテゴリー: 神経系 | 中枢神経系 | 頭頚部

 
 

<ご注意> 『1年生の解剖学辞典』は、解剖学を学んでいる人によって書かれているはずですが、間違いがあるかもしれません。内容はかならず教科書その他で確認してください。また間違いをみつけたら「編集」から直していただくか、「ノート」にコメントを残していただけるとうれしいです。
 どのページにでも自由にリンクしてください。でも、このサイトの文を他の場所に転載(コピー・ペースト)しないでください(コピーした内容に間違いがあったとき、その間違いはその後このサイト上では誰かに修正されるかもしれませんが、あなたがコピーした先では間違ったまま残ってしまいます)。