脳脊髄液

『1年生の解剖学辞典』~ 解剖学をこれから学ぶ人向けの用語解説 ~

髄液脳漿リコールCSFでこの項目を参照しています

 脳脊髄液とは、脊髄の内外を覆っている液体のこと。単に髄液とも呼ばれる。正常では無色透明。

用語表記発音、読み方
日本語医学脳脊髄液のうせきずいえき
髄液ずいえき
リコール *リコール
一般脳漿のうしょう
英語 cerebrospinal fluid **セレブロ スイナル・フルー
略語CSFスィー・エス・エフ
ラテン語liquor cerebrospinalis **リクオル・ケレブロ スピナリス
* 日本語のリコールは、ラテン語の名前の省略からきている。liquor は蒸留酒の意味もあるが、ここでは「(脳から出てくる)分泌液」のような意味
** 英語・ラテン語の cerebro~ は 英語の cerebral に対応し「脳の」、spinalは「脊髄の」の意味

 脳脊髄液は、正常の状態では無色透明。脳の血管が破れたりすると、脳脊髄液に血液が混ざって、液が赤くなり、血球もまざるようになることがある。

 中枢神経系脊髄)の周囲は、ひとつづきの髄膜(脳脊髄膜)で覆われている。髄膜(特に3層構造をしているうちの2層目のクモ膜)の内側に、この脳脊髄液が満たされていて、脳(と脊髄)は脳脊髄液のプールの中に浮かぶような感じになっている。クモ膜の内側と脳の間のすき間をクモ膜下腔という。

 脳脊髄液は、脳室(脳の内側にある空洞)内にある脈絡叢という場所で常に血液からつくられ続けているが、脳室と脳の外側は穴(=第4脳室正中口第4脳室外側口)でつながっているので、脳脊髄液はその穴を通って脳の外側にも出てくる。脳脊髄液はその後、髄膜の外側をとおる静脈硬膜静脈洞)へと流れて、血液にまざる。クモ膜下腔と硬膜静脈洞は、クモ膜顆粒でつながっている。また、脊髄神経根などからも静脈に戻る。

カテゴリー: 神経系 | 中枢神経系 | 液体 | 頭頚部 | 胸部 | 腹部 | | 脊髄

 
 

<ご注意> 『1年生の解剖学辞典』は、解剖学を学んでいる人によって書かれているはずですが、間違いがあるかもしれません。内容はかならず教科書その他で確認してください。また間違いをみつけたら「編集」から直していただくか、「ノート」にコメントを残していただけるとうれしいです。
 どのページにでも自由にリンクしてください。でも、このサイトの文を他の場所に転載(コピー・ペースト)しないでください(コピーした内容に間違いがあったとき、その間違いはその後このサイト上では誰かに修正されるかもしれませんが、あなたがコピーした先では間違ったまま残ってしまいます)。