『1年生の解剖学辞典』~ 解剖学をこれから学ぶ人向けの用語解説 ~

 とは、体の中の骨格をつくっている、さまざまな形をした硬い構造。体の形を維持し、重力や外部の力に抗して体をささえ、運動の際には筋肉の力を伝えたり、骨の囲いを作って囲いの内側にあるもの(内臓など)を守ったり、というようなさまざまな働きをしている。

言語表記発音、読み方
日本語医学こつ*、ほね
英語boneウン
ラテン語os**オス
* 読み方は、「肩甲骨」(けんこうこつ)「肋骨」(ろっこつ)など、「~骨」の形の時には「こつ」と読むが、そうではなくて、単独で「骨」というときも、「ほね」ではなく「こつ」と読む
** (?にある)や、管状のものの入口の「口」のことも os というので注意

 骨は骨組織からできていて、軟骨と共に支持組織に含められる。リン酸カルシウムなどの無機質が沈着しているため、体の中ではもっとも硬い構造のひとつである(エナメル質?象牙質?の次に硬い)。すべての細胞にとって、その細胞が正常にはたらくには、カルシウム?イオンが必要だが,その体内での貯蔵庫としても重要。

 骨はある程度の弾力性はあるものの、それ自体大きく形を変えることはできないほど硬い。手足など体の動きに対応するため、隣り合う骨どうしがつながっている箇所ではある程度自由につながりの角度を変えられるようにできている。この骨どうしのつながっている場所を関節と呼ぶ。骨が関節でつながった全体を骨格という。

 軟骨は骨の一種ではなく、別の構造。

目次
 

骨のいろいろ

 体の中では、骨のある場所はみな決まっていて、それぞれ名前がついている。また、ひとつひとつの骨の形も細かく決まっていて、骨の表面の突起やくぼみなどにもみな名前がついている。もちろん、そういったでこぼこは、別の骨と関節を作る場所だったり、筋肉が付着する場所だったりと、みな意味がある。

 骨は、ヒトには全部で200本ぐらいある。さまざまな形をした骨のうち、腕やあしなどにある長い骨を長骨長管骨管状骨)、頭蓋骨の一部や肩甲骨などのような平べったい骨を扁平骨、手首や足首などにある小型で塊状の骨を種子骨という。

骨の構造

 骨の硬い部分は骨実質と呼ばれる。骨は、その内部全体が骨実質であるわけではなく、内部にはさまざまな空洞がある。その空洞は、骨髄腔と呼ばれ、その中にある組織は、骨髄という。

 骨実質は、結合組織の一種である骨組織という組織からできている。骨組織をつくリ出すのは骨芽細胞骨細胞などの細胞。骨芽細胞は、細胞のまわりにコラーゲンでつくられているコラーゲン細線維や、アパタイト類(リン酸カルシウムなどを含む)などを分泌する。細胞のまわりに蓄積したこれらの物質の塊が骨基質であり、これが骨の硬さの元になっている。骨細胞は、骨の中を走る血管から酸素や栄養分を供給されている。骨細胞がこの血管の周りに同心円状に並び、骨実質もこの血管を囲む円柱状に発達することから、血管とその回りの骨細胞、骨基質が骨の基本単位となっている。これを骨単位(オステオン、oesteon、またはハバース系)という。

 骨の構造の詳細は、骨組織を参照。

全身の骨

(赤文字は説明がまだないもの)

頭部
頭蓋頭蓋骨頭骨頭蓋冠) - 前頭骨 - 頭頂骨 - 側頭骨? - 後頭骨 - 蝶形骨? - 鼻骨? - 涙骨? - 篩骨 - 鋤骨? - 下鼻甲介? - 頬骨? - 上顎骨? - 下顎骨? - 口蓋骨? - 舌骨?
背骨とそれにつながる骨
脊柱脊椎背骨背骨) - 椎骨 - 頚椎頸椎) - 環椎? - 軸椎 - 隆椎 - 胸椎 - 腰椎 - 仙骨 - 尾骨?尾骶骨?) - 胸郭 - 肋骨肋硬骨あばら骨 ) - 胸骨 - 胸骨柄 - 胸骨体? - 骨盤 - 寛骨 - 坐骨座骨) - 腸骨 - 恥骨? - 腰骨
上肢とそれを支える骨
肩甲骨肩胛骨貝殻骨かいがね) - 鎖骨 - 上腕骨 - 橈骨 - 尺骨 - 手根骨 - 舟状骨? - 月状骨? - 三角骨? - 豆状骨? - 大菱形骨? - 小菱形骨? - 有頭骨? - 有鈎骨? - 中手骨 - 指節骨指骨) - 基節骨 - 中節骨 - 末節骨
下肢とそれを支える骨
骨盤 - 仙骨 - 腰骨 - 寛骨 - 坐骨座骨) - 腸骨 - 恥骨? - 大腿骨? - 膝蓋骨 - 脛骨 - 腓骨 - 足根骨 - 距骨? - 踵骨? - 内側楔状骨? - 中間楔状骨? - 外側楔状骨? - 立方骨? - 舟状骨? - 中足骨 - 指節骨指骨) - 足指骨趾骨趾節骨) - 基節骨 - 中節骨 - 末節骨

カテゴリー: 運動器系 | 骨格系 | | 結合組織

 
 

<ご注意> 『1年生の解剖学辞典』は、解剖学を学んでいる人によって書かれているはずですが、間違いがあるかもしれません。内容はかならず教科書その他で確認してください。また間違いをみつけたら「編集」から直していただくか、「ノート」にコメントを残していただけるとうれしいです。
 どのページにでも自由にリンクしてください。でも、このサイトの文を他の場所に転載(コピー・ペースト)しないでください(コピーした内容に間違いがあったとき、その間違いはその後このサイト上では誰かに修正されるかもしれませんが、あなたがコピーした先では間違ったまま残ってしまいます)。