ステロール

『1年生の解剖学辞典』~ 解剖学をこれから学ぶ人向けの用語解説 ~

 ステロールとは、ステロイドのうち、-OH 基をもっているアルコール類のこと。動物の体で使われている代表的なステロールにはコレステロールがある。細胞膜などの生体膜などを構成する重要な成分である。

言語表記発音、読み方
日本語医学ステロールステロール
英語sterolティロール

 このグループで最初に見つかった物質はコレステロール(コレステリン)だが、似た物質がいくつか見つかり、みな -OH 基を持っていてアルコール類の性質をもつので、名前をアルコール類を意味する "-ol"(~オール)をつけて、まとめてステロール類と呼ばれる。さらに範囲を広げると、基本構造がよく似ていて、-OH 基がなかったりするものもあり、全体でステロイドと呼ばれる。

カテゴリー: 物質名 | ステロイド

 
 

<ご注意> 『1年生の解剖学辞典』は、解剖学を学んでいる人によって書かれているはずですが、間違いがあるかもしれません。内容はかならず教科書その他で確認してください。また間違いをみつけたら「編集」から直していただくか、「ノート」にコメントを残していただけるとうれしいです。
 どのページにでも自由にリンクしてください。でも、このサイトの文を他の場所に転載(コピー・ペースト)しないでください(コピーした内容に間違いがあったとき、その間違いはその後このサイト上では誰かに修正されるかもしれませんが、あなたがコピーした先では間違ったまま残ってしまいます)。