コレステロール

『1年生の解剖学辞典』~ 解剖学をこれから学ぶ人向けの用語解説 ~

 コレステロール とは、ステロイド類に含まれる、ひとつの物質名。動物の体で使われている代表的なステロイドである。コレステロールは細胞膜などの生体膜の成分なので、どの細胞にもたくさん含まれている。また、他のステロイド類をはじめとして、いろいろな物質の材料でもあり、非常に重要。

言語表記発音、読み方
日本語医学コレステロールコレステロール
英語cholesterolステロール

 最初に発見されたのが、胆嚢の中にあった胆石から見つかったので、ギリシャ語で chole コル 胆汁と stereos 「固まり」をつなげた名前 cholesterin 「コレステリン」がつけられた。-OH基をもったアルコール類であることをわかりやすくするため、最後に -ol をくっつけて、コレステロールの呼び方が一般的になった。コレステロールに構造が似ている、-OH基があるアルコール類をまとめてステロール類と呼ぶ。ステロール類はステロイド類に含まれる。

図:コレステロールの分子構造 *1
コレステロールの分子構造

体内でのコレステロール

 コレステロールは体内でもつくられるし、食べ物からも取り込める。食べ物に含まれているコレステロールが小腸から吸収されると、それは一旦肝臓に送られる。また、体内でコレステロールが主につくられるのは、肝臓である。その後、全身のすべての細胞へと運ばれる。体の中で余ったコレステロールは再び肝臓に集められ、胆汁酸にされて胆汁の成分として腸(十二指腸)に出される。

コレステロールの生合成

 肝臓で、アセチルCoAを材料としてつくられる。メバロン酸、スクワレンを経て合成される。

 すべてのステロイド類は、コレステロールからつくられる。たとえば、ステロイドホルモンは、コレステロールから合成されるが、それは肝臓ではなく、ステロイドホルモンを分泌する細胞で行われる。

善玉コレステロールと悪玉コレステロールとは

 よく善玉コレステロールと悪玉コレステロールとがあるといわれる。しかし、コレステロールという物質そのものが何種類もあるわけではない。

 コレステロールは、他のステロイド類と同じように、水には溶けないので、血液中を運ばれるときには、蛋白質や他の脂質と結合して水に溶ける複合体(リポ蛋白質)の形で運搬される。よくいわれる、善玉コレステロールと悪玉コレステロールというのは、この複合体に性質の違うものが何種類かあるという話。コレステロールと一緒に複合体を作る相手の物質の組み合わせが異なっている。

LDL(低密度リポ蛋白質;low density lipoprotein)
 悪玉コレステロールと呼ばれている。肝臓から全身の細胞へとコレステロールを送るときに使うタイプの複合体。
HDL(高密度リポ蛋白質;high density lipoprotein)
 善玉コレステロールと呼ばれている。主に全身の細胞から不要なコレステロールを肝臓に集めて排出するときに使うタイプの複合体。

 血液中のコレステロールが増えると動脈硬化になりやすくなるが、これはLDLが多いときになる。HDLとLDLでは、コレステロールと一緒に複合体を作る相手の物質の組み合わせが異なっている。

 これ以外にも、小腸で吸収されたコレステロールや脂質が肝臓に運ばれるときのリポ蛋白質が別にあり、これはカイロミクロン(キロミクロン)と呼ばれる。

カテゴリー: 物質名 | ステロイド


*1 Created by using BKChem chemical drawing program.
 
 

<ご注意> 『1年生の解剖学辞典』は、解剖学を学んでいる人によって書かれているはずですが、間違いがあるかもしれません。内容はかならず教科書その他で確認してください。また間違いをみつけたら「編集」から直していただくか、「ノート」にコメントを残していただけるとうれしいです。
 どのページにでも自由にリンクしてください。でも、このサイトの文を他の場所に転載(コピー・ペースト)しないでください(コピーした内容に間違いがあったとき、その間違いはその後このサイト上では誰かに修正されるかもしれませんが、あなたがコピーした先では間違ったまま残ってしまいます)。