膀胱

『1年生の解剖学辞典』~ 解剖学をこれから学ぶ人向けの用語解説 ~

 膀胱とは、下腹部骨盤内にある器官で、腎臓で作られた尿が流れ込んで、体外に排出されるまで一時的にためておく袋の働きをしている。泌尿器系の器官。

言語表記発音、読み方
日本語医学膀胱ぼうこう
英語urinary bladderーリナリー・ブダー
bladderダー
ラテン語vesica urinariaウェスィカ・ウリナリア

 場所は、骨盤内器官としては体の一番前にあり、恥骨結合のすぐ裏側にある。膀胱には腎臓から尿が流れ込んでくる尿管が2本、体外へとつながる尿道が1本、つながっている。

 基本構造は、平滑筋でできたほとんど筋肉の袋である。筋層は内側の空間にどれだけ尿がたまっているかにあわせてのびるので、膀胱全体の大きさもそれにつれて大きく変わる。

 内腔に面したいちばん内側には、粘膜がある。粘膜の上皮は、膀胱の伸び縮みにあわせることができる特殊な上皮になっていて、移行上皮という。

カテゴリー: 泌尿器系 | 器官 | 腹部

 
 

<ご注意> 『1年生の解剖学辞典』は、解剖学を学んでいる人によって書かれているはずですが、間違いがあるかもしれません。内容はかならず教科書その他で確認してください。また間違いをみつけたら「編集」から直していただくか、「ノート」にコメントを残していただけるとうれしいです。
 どのページにでも自由にリンクしてください。でも、このサイトの文を他の場所に転載(コピー・ペースト)しないでください(コピーした内容に間違いがあったとき、その間違いはその後このサイト上では誰かに修正されるかもしれませんが、あなたがコピーした先では間違ったまま残ってしまいます)。