卵管膨大部

『1年生の解剖学辞典』~ 解剖学をこれから学ぶ人向けの用語解説 ~

構造の詳細は卵管の項目にあります

 卵管膨大部とは、女性生殖器系器官である卵管の一部の名前。卵管は直径が数 mm で、全体の長さが10 cm ほどの管で、子宮の上端の左右(=子宮角)から出て、左右方向に伸びているが、そのうち、子宮から遠い側3分の2ぐらいでは管が太く、卵管膨大部と呼ばれる。子宮に近い側3分の1は管が細く、卵管峡部という。卵巣から排卵された卵が、子宮にたどり着くまでの間に、精子と出会うと受精が起こるが、受精は卵管膨大部で起こることが多い。

言語表記発音、読み方
日本語医学卵管膨大部らんかんぼうだいぶ
英語ampulla of oviductアンラ(アンピュラ)・オブ・ヴィダクト
ampulla of uterine tubeアンラ(アンピュラ)・オブ・ユーテライン・テューブ
ラテン語ampulla tubae uterinaeアンプラ・トゥバエ・ウテリナエ

 卵管膨大部の子宮から遠い端は、卵管漏斗という次第に太くなる部分。卵管膨大部の内部には、広い空洞があるわけではなく、粘膜ひだが峡部よりもよく発達して、複雑に折れ曲がっている。

カテゴリー: 生殖器系 | 女性生殖器系 | 腹部 | 卵管

 
 

<ご注意> 『1年生の解剖学辞典』は、解剖学を学んでいる人によって書かれているはずですが、間違いがあるかもしれません。内容はかならず教科書その他で確認してください。また間違いをみつけたら「編集」から直していただくか、「ノート」にコメントを残していただけるとうれしいです。
 どのページにでも自由にリンクしてください。でも、このサイトの文を他の場所に転載(コピー・ペースト)しないでください(コピーした内容に間違いがあったとき、その間違いはその後このサイト上では誰かに修正されるかもしれませんが、あなたがコピーした先では間違ったまま残ってしまいます)。