伴行静脈

『1年生の解剖学辞典』~ 解剖学をこれから学ぶ人向けの用語解説 ~

 伴行静脈とは、静脈の走り方による分類のひとつで、体内の深いところで、動脈の隣に隣接して走るタイプの静脈のこと。上肢下肢に多い。隣接する動脈と静脈では、中を流れる血液の向きは逆方向である。

言語表記発音、読み方
日本語医学伴行静脈ばんこうじょうみゃく
はんこうじょうみゃく
英語accompanying vein(s)ンパニイング・ヴェイン
companion vein(s)カンニァン・ヴェイン
ラテン語単数vena comitansウェナ・コミタンス
複数venae comitantesウェナエ・コミタンテス

 動脈は体の深いところを走るので、それと並んで走る伴行静脈も、同様に体の深いところにある静脈(=深在性静脈)である。

 心臓の拍動によって動脈血液が送り出されるたびに、動脈は脈打つように太く膨らむ。この動脈の壁の運動によって、隣接する伴行静脈が外から押されることになる。これにより、静脈内を血液が押し出されるように流されるという効果がある。

カテゴリー: 循環器系 | 心血管系 | 血管 | 静脈

 
 

<ご注意> 『1年生の解剖学辞典』は、解剖学を学んでいる人によって書かれているはずですが、間違いがあるかもしれません。内容はかならず教科書その他で確認してください。また間違いをみつけたら「編集」から直していただくか、「ノート」にコメントを残していただけるとうれしいです。
 どのページにでも自由にリンクしてください。でも、このサイトの文を他の場所に転載(コピー・ペースト)しないでください(コピーした内容に間違いがあったとき、その間違いはその後このサイト上では誰かに修正されるかもしれませんが、あなたがコピーした先では間違ったまま残ってしまいます)。