粘膜

『1年生の解剖学辞典』~ 解剖学をこれから学ぶ人向けの用語解説 ~

 粘膜とは、体の内外の表面を覆っている状の構造の一種で、表面が粘液でいつもぬれた様に覆われているタイプのもののこと。体のあちこちにある。粘液は、粘膜から常に分泌されて続けているので、粘膜の表面が乾燥するのを防ぎ、保護するなどの働きがある。

言語表記発音、読み方
日本語医学粘膜ねんまく
英語mucous membraneミューカス・ンブレン
ラテン語mucosaムコーサ

粘膜のある場所

 粘膜は、眼球の白目やまぶた(=眼瞼)の内側(=結膜)、鼻の穴の中(鼻腔)、口の中(口腔)、のど咽頭喉頭)、その下に続く気道消化管の内側、尿道の内側、子宮の内側など。ただし、粘膜の構造は場所によって特徴的な違いがある。

 一方、ヒトの皮膚には、粘液が出ていないため、粘膜ではないが、カエルの皮膚は粘膜といえる。

 粘膜の、粘液に覆われている側は、みな体の外側とつながっている場所である(例:消化管の粘膜は管をたどっていくと、口と肛門で体外とつながっている)。粘膜の粘液でおおわれていない反対側は、だから、狭い意味で体のほんとうの内側に相当する。粘膜のある場所は、体の外側と内側との境界をつくっているといえる。

粘膜の構造と種類

 粘膜の表面には、上皮粘膜上皮)という細胞層があり、その下側に結合組織の層(粘膜固有層)がある。粘膜上皮は、その粘膜の場所(役割)によって違っている。
 (上皮の種類を参照。)

カテゴリー: 粘膜

 
 

<ご注意> 『1年生の解剖学辞典』は、解剖学を学んでいる人によって書かれているはずですが、間違いがあるかもしれません。内容はかならず教科書その他で確認してください。また間違いをみつけたら「編集」から直していただくか、「ノート」にコメントを残していただけるとうれしいです。
 どのページにでも自由にリンクしてください。でも、このサイトの文を他の場所に転載(コピー・ペースト)しないでください(コピーした内容に間違いがあったとき、その間違いはその後このサイト上では誰かに修正されるかもしれませんが、あなたがコピーした先では間違ったまま残ってしまいます)。