内包

『1年生の解剖学辞典』~ 解剖学をこれから学ぶ人向けの用語解説 ~

 内包とは、にある部位の名前で、大脳の中心部に近いところにある大脳基底核のすき間の神経線維の通り道。大脳に出入りする線維(投射線維)は内包をとおる。

言語表記発音、読み方
日本語医学内包ないほう
英語internal capsuleインーナル・キャプスール
ラテン語capsula internaカプスラ・インテルナ

 大脳水平断では、「く」の字型の断面をしている。中央に近い折れ曲がった場所が(内包膝)で、前部が前脚、後部を後脚と呼ぶ。

カテゴリー: 神経系 | 中枢神経系 | | 大脳 | 間脳

 
 

<ご注意> 『1年生の解剖学辞典』は、解剖学を学んでいる人によって書かれているはずですが、間違いがあるかもしれません。内容はかならず教科書その他で確認してください。また間違いをみつけたら「編集」から直していただくか、「ノート」にコメントを残していただけるとうれしいです。
 どのページにでも自由にリンクしてください。でも、このサイトの文を他の場所に転載(コピー・ペースト)しないでください(コピーした内容に間違いがあったとき、その間違いはその後このサイト上では誰かに修正されるかもしれませんが、あなたがコピーした先では間違ったまま残ってしまいます)。