大陰唇

『1年生の解剖学辞典』~ 解剖学をこれから学ぶ人向けの用語解説 ~

 大陰唇とは、女性の外陰部に左右1対ある、ひだ状の突起のこと。これ以外の外陰部の構造を左右から包むようにその間にかくすようになっている。表面は皮膚陰毛が生え、内部には脂肪組織が多くやわらかい。

言語表記発音、読み方
日本語医学大陰唇 *だいいんしん
英語large pudendal lip(s)ージ・ピューンダル・ップ(ス)
ラテン語単数labium majus pudendiラビウム・マユス・プデンディ
labium majusラビウム・マユス
* 陰唇とは、外陰部にあるくちびる形をした構造の意味。本物のくちびるや、この陰唇に限らず、くちびる形の構造には、「~」という名前が付けられる。 英語、ラテン語の名前の意味も同じ

 大陰唇によってはさまれている部分を陰裂という。陰裂には、小陰唇腟前庭陰核尿道口腟口などがある。

カテゴリー: 生殖器系 | 女性生殖器系 | 外陰部 | 器官

 

<ご注意> 『1年生の解剖学辞典』は、解剖学を学んでいる人によって書かれているはずですが、間違いがあるかもしれません。内容はかならず教科書その他で確認してください。また間違いをみつけたら「編集」から直していただくか、「ノート」にコメントを残していただけるとうれしいです。
 どのページにでも自由にリンクしてください。でも、このサイトの文を他の場所に転載(コピー・ペースト)しないでください(コピーした内容に間違いがあったとき、その間違いはその後このサイト上では誰かに修正されるかもしれませんが、あなたがコピーした先では間違ったまま残ってしまいます)。