陰核

『1年生の解剖学辞典』~ 解剖学をこれから学ぶ人向けの用語解説 ~

クリトリスでこの項目を参照しています

 陰核とは、または、クリトリスとは、生殖器系に含まれる器官で、女性の外部生殖器のひとつ。小陰唇の前端付近にある小さな突起。男性の陰茎と同じ起源をもち、勃起することができる海綿体でできているが、ずっと小さく、また、男性の陰茎とは違って、内部に尿道は通らない。

言語表記発音、読み方
日本語医学陰核いんかく
クリトリス
英語・ラテン語clitorisトリス

 陰核の海綿体陰核海綿体と呼ぶ。ここに血液が充満すると勃起が起こる(勃起組織)。陰核海綿体の先端は突起になっていて陰核亀頭という。小陰唇の前端部、左右の小陰唇が合わさる部分が陰核亀頭を覆っていて、この部分を陰核包皮という。

 陰核には感覚を伝える神経終末がよく発達していて、鋭敏である。

カテゴリー: 生殖器系 | 女性生殖器系 | 外陰部 | 器官

 

<ご注意> 『1年生の解剖学辞典』は、解剖学を学んでいる人によって書かれているはずですが、間違いがあるかもしれません。内容はかならず教科書その他で確認してください。また間違いをみつけたら「編集」から直していただくか、「ノート」にコメントを残していただけるとうれしいです。
 どのページにでも自由にリンクしてください。でも、このサイトの文を他の場所に転載(コピー・ペースト)しないでください(コピーした内容に間違いがあったとき、その間違いはその後このサイト上では誰かに修正されるかもしれませんが、あなたがコピーした先では間違ったまま残ってしまいます)。