星状グリア細胞

『1年生の解剖学辞典』~ 解剖学をこれから学ぶ人向けの用語解説 ~

アストロサイト星状膠細胞でこの項目を参照しています

 星状グリア細胞とは、または星状グリアとは、グリア細胞(=神経膠細胞)の一種。周囲に多数の短い突起を放射状に伸ばす姿から「星形」をしているとして名づけられた。グリア細胞のなかではもっとも大型。

言語表記発音、読み方
日本語医学星状グリア細胞せいじょうグリアさいぼう
星状グリアせいじょうグリア
星状膠細胞せいじょうこうさいぼう
星状神経膠細胞せいじょうしんけいこうさいぼう
アストロサイトアストロサイト
アストログリアアストログリア
英語astrocyteストゥロサイト
astrogliaアストゥグリア
- astron は「星」「星形」、cyte は「細胞」

 脊髄の内部の毛細血管のまわりを取り囲み、血液中の物質と神経細胞の間のバリアをつくったり、逆に血液中の特定の物質だけを神経細胞まで運んだりする。

星状グリア細胞の種類

 細かく言うと、灰白質にいる星状グリア細胞と白質にいる星状グリア細胞は細胞の形がちょっと違っていて、違う名前で呼ばれる。灰白質のものは、原形質性星状グリア細胞と呼ばれ、細胞から出る突起が特に数が多く、1本1本は太く蛇行する傾向がある。白質のものは、線維性星状グリア細胞と呼ばれ、細胞から出る突起が少なめで、1本1本は細くすらっとまっすぐに伸びる傾向がある。

カテゴリー: 神経系 | 中枢神経系 | 神経組織 | 細胞

 
 

<ご注意> 『1年生の解剖学辞典』は、解剖学を学んでいる人によって書かれているはずですが、間違いがあるかもしれません。内容はかならず教科書その他で確認してください。また間違いをみつけたら「編集」から直していただくか、「ノート」にコメントを残していただけるとうれしいです。
 どのページにでも自由にリンクしてください。でも、このサイトの文を他の場所に転載(コピー・ペースト)しないでください(コピーした内容に間違いがあったとき、その間違いはその後このサイト上では誰かに修正されるかもしれませんが、あなたがコピーした先では間違ったまま残ってしまいます)。