グリア細胞

『1年生の解剖学辞典』~ 解剖学をこれから学ぶ人向けの用語解説 ~

神経膠細胞でこの項目を参照しています

 グリア細胞とは、またはグリアとは、ニューロン神経細胞)の働きを様々な角度からサポートする何種類かの細胞をまとめて呼ぶ名前で、ニューロンとともに神経組織をつくる細胞。ニューロンとは違って、グリア細胞は興奮によって情報を伝えるはたらきはない。神経膠細胞ともいう。

 教科書や医学辞書などでは定義が2種類に分かれていて、

  1. 脊髄などの中枢神経系にいる細胞だけを指す場合
  2. 中枢神経系だけでなく、全身にある末梢神経系にいる細胞も含む場合 がある。
言語表記発音、読み方
日本語医学グリア細胞グリアさいぼう
グリア *グリア
神経膠細胞**しんけいこうさいぼう
英語glial cellアル・
glia cellア・
glia*
neuroglia**ニューグリア
* グリア(glia) = グリア細胞(glial cell)と考えてよいが、神経組織のうち、神経細胞以外の部分を全体としてグリア(神経膠)と呼んで、それを構成しているグリア細胞とは区別して呼ぶこともある
** むかしはグリア細胞は神経細胞どうしをつなぎとめて支える糊(のり)の働きをしていると考えられていたので、neuroglia (神経の糊)と名付けられた。それを訳したのが神経膠、または神経膠細胞。glia はギリシャ語で糊の意味で、「」は「にかわ」

 中枢神経系の神経組織は、主として、神経細胞とこのグリア細胞の2タイプの細胞からできている(血管の細胞を除く)。ふつう神経組織では、グリア細胞のほうが神経細胞よりもずっと数が多く、神経細胞の10倍の数のグリア細胞があるといわれている。神経細胞は大型の細胞だが、グリア細胞はそれよりもずっと小型。神経細胞は、遠くまで神経線維を伸ばして別の神経細胞とシナプスをつくるが、グリア細胞は細胞から突起が出ているものの、その長さは神経細胞よりもずっと短い。シナプスを作ることもない。

中枢神経系のグリア細胞の種類

 グリア細胞は、何種類かの別の働きを持った細胞をまとめていう呼び名。代表的なのは下の3種類。

アストロサイト
星状膠細胞、アストログリアなどとも。脳や脊髄の内部の毛細血管のまわりを取り囲み、血液中の物質と神経細胞の間のバリアをつくったり、逆に特定の物質だけを運んだりする
オリゴデンドロサイト
希突起膠細胞、乏突起膠細胞、稀突起膠細胞、オリゴデンドログリアなどとも。脳や脊髄の内部で、神経線維の周囲のさや、特にミエリン鞘をつくる細胞
ミクログリア
小膠細胞ともいう。食作用のある細胞で、異物などを貪食(どんしょく)する、マクロファージのような細胞

 他に、脳室と脳(脊髄)の組織との境目に、1層の細胞層をつくっている上衣細胞もグリア細胞に分類される。

 中枢神経系のグリア細胞は、小膠細胞以外は、神経細胞と同じ共通の神経幹細胞から分かれてくる細胞。

末梢神経系のグリア細胞の種類

(グリア細胞の定義によっては、末梢神経系の細胞はグリア細胞に含めないことがある)

シュワン細胞
 体中を走る神経で、神経線維(軸索)の1本1本を包む「さや」(髄鞘またはミエリン鞘)をつくっている細胞。中枢神経系のオリゴデンドロサイトにあたる

 他に、神経節内で神経細胞体を包んでいる衛星細胞などもある。

 末梢神経系のグリア細胞は、末梢神経系のニューロンと同じく、神経堤の細胞から分かれてくる細胞。

カテゴリー: 神経系 | 中枢神経系 | 神経組織 | 細胞

 
 

<ご注意> 『1年生の解剖学辞典』は、解剖学を学んでいる人によって書かれているはずですが、間違いがあるかもしれません。内容はかならず教科書その他で確認してください。また間違いをみつけたら「編集」から直していただくか、「ノート」にコメントを残していただけるとうれしいです。
 どのページにでも自由にリンクしてください。でも、このサイトの文を他の場所に転載(コピー・ペースト)しないでください(コピーした内容に間違いがあったとき、その間違いはその後このサイト上では誰かに修正されるかもしれませんが、あなたがコピーした先では間違ったまま残ってしまいます)。