大動脈

『1年生の解剖学辞典』~ 解剖学をこれから学ぶ人向けの用語解説 ~

 大動脈とは、

  1. 解剖学的には、心臓から全身に酸素を送る血液が、心臓を出て最初に通る血管の部分の名前。体に1本しかない。
  2. 血管の太さと血管壁の構造に関する、組織学的な分類では、もっとも太い種類の動脈のこと。上の1.の意味の大動脈以外にも、そこから枝分かれするたくさんの動脈などもこれに含まれる。→ 弾性動脈を参照
  3. 日常的な意味では、流れる血液が多くて、傷つけたら大量の血液が流れ出してしまいそうな、太い動脈のこと。
目次
 

解剖学での大動脈

 大動脈とは、体の中でもっとも太い血管心臓から全身に酸素を送る血液が、心臓を出て最初に通る血管の部分の名前。体に1本しかない。なお、心臓から直接出る血管には、大動脈以外にもあとひとつ、肺動脈がある。

言語表記発音、読み方
日本語医学大動脈だいどうみゃく
ラテン語・英語aorta(英語読み)エィーゥタ
(ラテン語読み)アオルタ

 心臓の左心室からはじまり、心臓を出るとまず上に向かい、すぐにぐるっと弧を描いて方向転換し、下に向かってまっすぐ進む。上に向かう部分を上行大動脈(じょうこうだいどうみゃく)、弧を描いて下向きに方向を変える部分を大動脈弓(だいどうみゃくきゅう)、下に向かって進み、腰のあたりの高さまで下がる部分を下行大動脈という。下行大動脈は、胸の中(胸腔)を通過する部分と、腹の中(腹腔)を通過する部分に分けることができるので、それぞれを胸大動脈腹大動脈ともいう。

 大動脈弓の部分では、頭と首(頭頚部)、腕と手(上肢)に向かって進む血管が枝分かれし、下行大動脈の部分では、胸とおなかの内臓へ向かう枝が分かれ、下行大動脈の下の端では、あし(下肢)などに向かう血管に枝分かれして終わる。

 大動脈の壁は、動脈の中でも特に弾力性に非常に富んでおり、心臓から直接送り出される血液の圧力を受け止めることができる。大動脈が心臓の左心室からでたばかりのところには、逆流防止の弁、大動脈弁がある。大動脈を流れる血液は、肺静脈を通って肺から心臓の左心房に戻ってきた血液で、酸素を多量に含んでいる血液(動脈血)。

血管壁の分類の大動脈

詳細は弾性動脈の項目にあります

 大動脈とは、組織学で、血管の太さと壁の構造の特徴を分類したときのタイプの1つで、動脈のうちで、もっとも太いタイプのこと。心臓から高い圧力を直接受けるため、高圧に耐えられるようにゴムホースのように弾力性に富んでいる。弾性動脈という呼び方が一般的。

言語表記発音、読み方
日本語医学大動脈だいどうみゃく
弾性動脈だんせいみゃく
英語large arteryージ・ーテリー

日常的な意味での太い動脈

 大動脈とは、日常的な意味では、太い動脈をみな指すことがある。解剖学的な大動脈と、そこから直接分かれる枝の動脈などが相当する。

言語表記発音、読み方
日本語医学大動脈だいどうみゃく
英語large arteryージ・ーテリー
main arteryイン・ーテリー

カテゴリー: 循環器系 | 心血管系 | 血管 | 胸部 | 腹部

 
 

<ご注意> 『1年生の解剖学辞典』は、解剖学を学んでいる人によって書かれているはずですが、間違いがあるかもしれません。内容はかならず教科書その他で確認してください。また間違いをみつけたら「編集」から直していただくか、「ノート」にコメントを残していただけるとうれしいです。
 どのページにでも自由にリンクしてください。でも、このサイトの文を他の場所に転載(コピー・ペースト)しないでください(コピーした内容に間違いがあったとき、その間違いはその後このサイト上では誰かに修正されるかもしれませんが、あなたがコピーした先では間違ったまま残ってしまいます)。