矢状断

『1年生の解剖学辞典』~ 解剖学をこれから学ぶ人向けの用語解説 ~

 矢状断とは、または矢状切断とは、矢状方向に切断したり、断層像をとったりすること。矢状方向とは、体を前後に貫く向きのことで、矢状断は、体を左右2つの部分に分けるように縦に切る切り方のこと。矢状断によってできる断面を矢状面という。

言語表記発音、読み方
日本語医学矢状断しじょうだん*
矢状切断しじょうせつだん*
英語sagittal sectionジタル・クション
sagittal sectioningジタル・クショニング
* 「やじょうだん」とは読まない

 矢状断は、体を縦方向に2つに分ける「縦断」の一種。矢状断が体を左右の2つに分けるのに対し、同じく縦断の一種である前頭断(前額断)は、体を前後に分けるような切り方。つまり、矢状断を90度回転させると前頭断の向きになる。

 矢状断では、断面を取る位置を左右にずらすと無数の異なった断面をつくることができる。そのうち、ちょうど左右を均等に分ける、体の中心軸上での矢状断を、正中断(=正中矢状断)という。

「矢状」の由来は、矢状を参照。

カテゴリー: 方向

 
 

<ご注意> 『1年生の解剖学辞典』は、解剖学を学んでいる人によって書かれているはずですが、間違いがあるかもしれません。内容はかならず教科書その他で確認してください。また間違いをみつけたら「編集」から直していただくか、「ノート」にコメントを残していただけるとうれしいです。
 どのページにでも自由にリンクしてください。でも、このサイトの文を他の場所に転載(コピー・ペースト)しないでください(コピーした内容に間違いがあったとき、その間違いはその後このサイト上では誰かに修正されるかもしれませんが、あなたがコピーした先では間違ったまま残ってしまいます)。