顕微鏡

『1年生の解剖学辞典』~ 解剖学をこれから学ぶ人向けの用語解説 ~

マイクロスコープでこの項目を参照しています

 顕微鏡とは、肉眼では観察しにくい小さなものを拡大して観察する装置。ふつう何枚かのレンズが組み合わされてできていて、顕微「鏡」とはいうが、鏡が使われているとは限らないのは、望遠鏡と同じ。

言語表記発音、読み方
日本語医学顕微鏡けんびきょう
英語microscopeマイクロスコープ

 拡大する方法などによって色々な種類がある。見たいものに光(可視光線)を当てて観察するふつうの顕微鏡は光学顕微鏡。見たいものをあらかじめ薄切りにして光が通りやすくしておき(薄切)、それを透き通ってきた光をみるタイプがよく使われる。見たいものがほとんど透明な場合、薬品などで色を着け、構造の違いを分かりやすくしておく。これを染色という。

 立体的なものに上や横から光を当てて拡大するのは実体顕微鏡

 他に、電子顕微鏡もある。

 1、2枚のレンズを使う拡大倍率の低いものを拡大鏡という。虫眼鏡(むしメガネ)は大抵レンズが一枚。

カテゴリー: 材料と方法

 
 

<ご注意> 『1年生の解剖学辞典』は、解剖学を学んでいる人によって書かれているはずですが、間違いがあるかもしれません。内容はかならず教科書その他で確認してください。また間違いをみつけたら「編集」から直していただくか、「ノート」にコメントを残していただけるとうれしいです。
 どのページにでも自由にリンクしてください。でも、このサイトの文を他の場所に転載(コピー・ペースト)しないでください(コピーした内容に間違いがあったとき、その間違いはその後このサイト上では誰かに修正されるかもしれませんが、あなたがコピーした先では間違ったまま残ってしまいます)。