終枝

『1年生の解剖学辞典』~ 解剖学をこれから学ぶ人向けの用語解説 ~

 終枝とは、動脈神経などの分枝(枝分かれ)するものについて、一番端から出る枝のこと。一方、途中から分かれる枝を側枝という。終枝は、終動脈とは意味の全く異なる用語なので注意。

言語表記発音、読み方
日本語医学終枝しゅうし
英語terminal branchーミナル・ブンチ

 動脈神経などで、幹となる太い動脈や神経には名前がつけられている。その名前で呼ばれる一番最後の部分から出る枝が終枝と呼ばれる。たとえば、「大動脈」について考えると、総頚動脈鎖骨下動脈腹腔動脈などが大動脈から途中で分かれる側枝であり、大動脈と呼ばれる下端から出る、左右の総腸骨動脈が大動脈の終枝にあたる。別の例では、「坐骨神経」は総腓骨神経脛骨神経として分離する前の部分までの名前なので、総腓骨神経と脛骨神経はどちらも坐骨神経の終枝であるといえる。

カテゴリー: 循環器系 | 心血管系 | 血管 | 動脈 | 神経系 | 末梢神経系

 
 

<ご注意> 『1年生の解剖学辞典』は、解剖学を学んでいる人によって書かれているはずですが、間違いがあるかもしれません。内容はかならず教科書その他で確認してください。また間違いをみつけたら「編集」から直していただくか、「ノート」にコメントを残していただけるとうれしいです。
 どのページにでも自由にリンクしてください。でも、このサイトの文を他の場所に転載(コピー・ペースト)しないでください(コピーした内容に間違いがあったとき、その間違いはその後このサイト上では誰かに修正されるかもしれませんが、あなたがコピーした先では間違ったまま残ってしまいます)。