鼻の穴

『1年生の解剖学辞典』~ 解剖学をこれから学ぶ人向けの用語解説 ~

詳細は、外鼻孔または鼻腔の項目にあります

言語表記発音、読み方
日本語一般鼻の穴はなのあな

 日常生活で使う鼻の穴とは、いくつかの場所をさしている。

「鼻の下にみえる穴の入口」を指す場合 → 外鼻孔

 の外側から見たときに見える、の下にある「鼻の穴の入口」は、外鼻孔(前鼻孔)と呼ばれる。 人の外鼻孔はハの字型、三角型、丸型のどれかになっていることが多い。 また鼻筋を使うことで外鼻孔を大きくしたり逆に手を使わずに外鼻孔を閉じたりすることが出来る。

鼻の下の穴と「その奥に続く空洞」を指す場合 → 鼻腔

 その奥に続く「鼻の穴の中」は、鼻腔という。

- 鼻腔の奥には、鼻腔とのど咽頭)がつながる連絡口があり,こちらは後鼻孔である

カテゴリー: 頭頚部 | 体の部位 | 呼吸器系 | 解剖学用語でない

 
 

<ご注意> 『1年生の解剖学辞典』は、解剖学を学んでいる人によって書かれているはずですが、間違いがあるかもしれません。内容はかならず教科書その他で確認してください。また間違いをみつけたら「編集」から直していただくか、「ノート」にコメントを残していただけるとうれしいです。
 どのページにでも自由にリンクしてください。でも、このサイトの文を他の場所に転載(コピー・ペースト)しないでください(コピーした内容に間違いがあったとき、その間違いはその後このサイト上では誰かに修正されるかもしれませんが、あなたがコピーした先では間違ったまま残ってしまいます)。