2次リンパ小節

『1年生の解剖学辞典』~ 解剖学をこれから学ぶ人向けの用語解説 ~

2次小節2次リンパ濾胞2次濾胞でこの項目を参照しています

関連する内容がリンパ小節にあります

 2次(リンパ)小節とは、または2次(リンパ)濾胞とは、2つの定義のある言葉で、どちらの使い方も、リンパ小節の胚中心がキーポイントになっている。胚中心のある(活性型の)リンパ小節のことを指しているか、胚中心そのものを指すかどちらかで使われる。

言語表記発音、読み方
日本語医学2次リンパ小節2じリンパしょうせつ
2次小節 *2じしょうせつ
2次リンパ濾胞
2次リンパ沪胞 **
2じリンパろほう
2次濾胞、2次沪胞 *,**2じろほう
英語secondary lymphatic noduleカンダリー・リンファティック・ノーデュール
secondary lymphoid noduleカンダリー・ンフォイド・ノーデュール
secondary lymph noduleカンダリー・ンフ・ノーデュール
secondary nodule *カンダリー・ノーデュール
secondary lymphatic follicleカンダリー・リンファティック・フォリクル
secondary lymphoid follicleカンダリー・ンフォイド・フォリクル
secondary lymph follicleカンダリー・ンフ・フォリクル
secondary follicle *カンダリー・フォリクル
* リンパ小節(濾胞)について話題にしていることが明らかなとき、「リンパ」は省略される
** 「沪」(さんずいに戸)は「濾」の異体字でJIS第3水準の漢字。環境によっては表示できない

 リンパ小節とは、Bリンパ球B細胞)がぎっしり集まって球状になった構造のことで、様々な器官内にある。リンパ小節が活性化された、Bリンパ球での抗体の産生が盛んになった状態では、リンパ小節の中心部に胚中心という大リンパ球の多いエリアができる。

(定義1) 胚中心のあるリンパ小節の意味
 2次リンパ小節とは、胚中心のある、抗体の産生が活性化されているリンパ小節のこと。活性化されていない、胚中心のないリンパ小節を1次リンパ小節(1次小節)と呼ぶ。
(定義2) リンパ小節の胚中心と同じ意味
 2次リンパ小節とは、リンパ小節の胚中心のこと。通常状態のリンパ小節にも常に存在する胚中心でない部分のことを1次リンパ小節(1次小節)と呼ぶ。

カテゴリー: 循環器系 | リンパ系 | 番号付

 
 

<ご注意> 『1年生の解剖学辞典』は、解剖学を学んでいる人によって書かれているはずですが、間違いがあるかもしれません。内容はかならず教科書その他で確認してください。また間違いをみつけたら「編集」から直していただくか、「ノート」にコメントを残していただけるとうれしいです。
 どのページにでも自由にリンクしてください。でも、このサイトの文を他の場所に転載(コピー・ペースト)しないでください(コピーした内容に間違いがあったとき、その間違いはその後このサイト上では誰かに修正されるかもしれませんが、あなたがコピーした先では間違ったまま残ってしまいます)。