胚中心

『1年生の解剖学辞典』~ 解剖学をこれから学ぶ人向けの用語解説 ~

2次リンパ小節2次小節)、2次リンパ濾胞2次濾胞)でこの項目を参照しています

 胚中心とは、リンパ小節(リンパ濾胞)の中心部にできる球状の構造で、活発に抗体?がつくられる場所。

言語表記発音、読み方
日本語医学胚中心はいちゅうしん
英語germinal centerジャーミナル・ンター

 リンパ小節は、様々なリンパ系器官、例えばリンパ節脾臓扁桃虫垂パイエル板などに無数にある。Bリンパ球?B細胞?)がびっしりと集まった塊。リンパ小節で抗体?の産生が盛んになるときだけ、その中心部に大型の細胞(大リンパ球?)が集まるエリアができる。これが胚中心である。その周囲は小さな細胞(小リンパ球?)が詰まっているので、顕微鏡でみると胚中心が明るく、周囲が暗く見え区別できる。

胚中心と2次リンパ小節

 2次リンパ小節2次小節)または2次リンパ濾胞2次濾胞)という用語を胚中心の意味で使うことがあるが、これは混乱の元なのでやめておくのが無難。なぜかというと下の1、2 の使い方があるから。

  1. リンパ小節内で、胚中心以外の常に存在する部分を1次リンパ小節1次小節)、1次リンパ濾胞1次濾胞)と呼び、働きが活発なときだけ現れる胚中心のことを、2次(リンパ)小節、2次(リンパ)濾胞と呼ぶことがある。
  2. 胚中心のない不活性なリンパ小節のことを1次(リンパ)小節、1次(リンパ)濾胞、胚中心のできたリンパ小節のことを2次(リンパ)小節、2次(リンパ)濾胞とよぶことがある。

カテゴリー: 循環器系 | リンパ系

 
 

<ご注意> 『1年生の解剖学辞典』は、解剖学を学んでいる人によって書かれているはずですが、間違いがあるかもしれません。内容はかならず教科書その他で確認してください。また間違いをみつけたら「編集」から直していただくか、「ノート」にコメントを残していただけるとうれしいです。
 どのページにでも自由にリンクしてください。でも、このサイトの文を他の場所に転載(コピー・ペースト)しないでください(コピーした内容に間違いがあったとき、その間違いはその後このサイト上では誰かに修正されるかもしれませんが、あなたがコピーした先では間違ったまま残ってしまいます)。