脳室

『1年生の解剖学辞典』~ 解剖学をこれから学ぶ人向けの用語解説 ~

 脳室とは、脊髄の中に空いている穴のことで、脳脊髄液(=髄液)という液体で満たされている。

言語表記発音、読み方
日本語医学脳室のうしつ
英語ventricle*ヴェントリクル
* ventricle は、部屋のような、空間を指す一般的な用語で、脳室だけを指す用語ではない(たとえば、心室も ventricle)

 脳室は一続きの空洞で、脳や脊髄の外側とつながっているのは、小脳の下部にある穴、第4脳室正中口(マジャンディ孔)、第4脳室外側口ルシュカ孔)のところだけである。また、脳室内の壁の一部には、脳脊髄液を産生する脈絡叢がある。

脳室の由来

 中枢神経系である脳と脊髄は、発生をさかのぼると神経管という1本の中空の管に由来する。この管の壁を作っているのが神経細胞やグリア細胞など、神経組織を作る細胞のもとになる細胞で、壁の細胞が増殖して厚くなっていった部分が脳や脊髄になる。神経管の内側の空間は、脳や脊髄になった後も、一続きの空間のまま残されるが、これが脳室である。

脳室の部分

 脳室は、いくつかの箇所でふくらんで広い部屋に分かれており、それぞれの部分に名前がついている。

側脳室
左右の大脳半球の内部にあり、1対ある。大脳の発達に合わせて広がった脳室で、前頭葉後頭葉側頭葉に対応するように出っ張った変な形をしている。第3脳室とは室間孔(モンロー孔)を介してつながっている。
第3脳室
間脳の内部にある脳室。正中面上にあり、前端近くでは左右の側脳室と室間孔でつながっていて、後方では、中脳水道とつながっている。
中脳水道
中脳の中を貫通する細い管状の脳室。前端(上端)では第3脳室と後端(下端)では第4脳室とつながる。
第4脳室
背側小脳腹側にあり、これらにはさまれるようにある脳室。上方では中脳水道と、下方では延髄の中心管につながる。第4脳室には、脳室内と脳の外側をつなぐ穴が3個開いている。正中面上にある第4脳室正中口(マジャンディ孔)と左右端にある第4脳室外側口(ルシュカ孔)である。
中心管(脊髄中心管)
第4脳室の下方につながる細い管状の脳室。延髄の途中から始まり、脊髄の下端付近までつながっている。

カテゴリー: 神経系 | 中枢神経系 |

 
 

<ご注意> 『1年生の解剖学辞典』は、解剖学を学んでいる人によって書かれているはずですが、間違いがあるかもしれません。内容はかならず教科書その他で確認してください。また間違いをみつけたら「編集」から直していただくか、「ノート」にコメントを残していただけるとうれしいです。
 どのページにでも自由にリンクしてください。でも、このサイトの文を他の場所に転載(コピー・ペースト)しないでください(コピーした内容に間違いがあったとき、その間違いはその後このサイト上では誰かに修正されるかもしれませんが、あなたがコピーした先では間違ったまま残ってしまいます)。