中膜

『1年生の解剖学辞典』~ 解剖学をこれから学ぶ人向けの用語解説 ~

 中膜とは、うすく広がる状の構造が、層に分かれているときの真ん中の層につけられる呼び名。血管動脈静脈)の壁にある。

言語表記発音、読み方
日本語医学中膜ちゅうまく
ラテン語・英語tunica media(ラテン語読み)トゥニカ・メディア
(英語読み)テュニカ・ディア
英語media*ディア
* tunica media を省略した形

血管の壁の中膜

 血管壁の中膜とは、3層構造をしている壁の真ん中の層。各層の名前は、内腔側(血液に接する側)から内膜、中膜、外膜。中膜は、動脈でよく発達している。弾性線維平滑筋が主成分。

カテゴリー: 心血管系 | 血管

 
 

<ご注意> 『1年生の解剖学辞典』は、解剖学を学んでいる人によって書かれているはずですが、間違いがあるかもしれません。内容はかならず教科書その他で確認してください。また間違いをみつけたら「編集」から直していただくか、「ノート」にコメントを残していただけるとうれしいです。
 どのページにでも自由にリンクしてください。でも、このサイトの文を他の場所に転載(コピー・ペースト)しないでください(コピーした内容に間違いがあったとき、その間違いはその後このサイト上では誰かに修正されるかもしれませんが、あなたがコピーした先では間違ったまま残ってしまいます)。