胸部

『1年生の解剖学辞典』~ 解剖学をこれから学ぶ人向けの用語解説 ~

関連する内容が、の項目にあります

 胸部とは、体の胴体(=体幹)の上半分のこと。上には頚部(くび)がつながり、下には腹部がある。解剖学では、背中側も含めて胸部と呼ぶのが普通。

言語表記発音、読み方
日本語医学胸部きょうぶ
英語thoraxラックス
chestチェスト
ラテン語pectusペクトゥス
胸部は、様々な別の場所を指すことがある。
・日常語としては、胸部から背中をのぞいた部分(胸部の前面と側面)をさす
・特に女性の乳房を指すこともある。とも呼ぶ
・診療科としての「胸部~」は、胸部の内臓心臓大血管などの循環器などの呼吸器、ほか)を指す

 胸部には胸の内臓胸部内臓)が入っている空洞(=胸腔)がある。背骨(脊柱)の他に肋骨胸骨があり、これらが胸郭をつくる。胸郭は鳥かごのような枠組みで、内部の内臓を守る。

カテゴリー: 体の部位 | 胸部

 
 

<ご注意> 『1年生の解剖学辞典』は、解剖学を学んでいる人によって書かれているはずですが、間違いがあるかもしれません。内容はかならず教科書その他で確認してください。また間違いをみつけたら「編集」から直していただくか、「ノート」にコメントを残していただけるとうれしいです。
 どのページにでも自由にリンクしてください。でも、このサイトの文を他の場所に転載(コピー・ペースト)しないでください(コピーした内容に間違いがあったとき、その間違いはその後このサイト上では誰かに修正されるかもしれませんが、あなたがコピーした先では間違ったまま残ってしまいます)。