胸骨柄

『1年生の解剖学辞典』~ 解剖学をこれから学ぶ人向けの用語解説 ~

 胸骨柄とは、胸骨の上部を構成する。胸骨は、胸骨柄とその下にある胸骨体が結合してできている。鎖骨第1肋骨は胸骨柄と関節を作る。

言語表記発音、読み方
日本語医学胸骨柄きょうこつへい
英語manubrium *ニューブリアム
manubrium of sternumニューブリアム・オブ・スターナム
episternumエピスターナム
ラテン語manubrium sterniマヌブリウム・ステルヌム
* manubrium はラテン語で、持ち手、ハンドル、刀などの柄(つか)の意味。解剖学では、ツチ骨柄など他にも manubrium と呼ぶ場所があるので、それと区別したいときは "of sternum" をつける

 胸骨柄は胸骨体とともに扁平骨で、胸骨体よりも左右に張り出している。大雑把に見ると逆三角形で、細かく見ると八角形をしている。胸骨柄の下端で胸骨体と結合する部分(胸骨柄結合)を胸骨角という。胸骨柄の上端は頚切痕というゆるいくぼみで、その左右には鎖骨関節を作る場所(鎖骨切痕)、その下には第1肋骨と関節をつくる場所(第1肋骨切痕)がある。第2肋骨は、胸骨柄と胸骨体の境界の胸骨角で関節を作る。

カテゴリー: 運動器系 | 骨格系 | | 胸部

 
 

<ご注意> 『1年生の解剖学辞典』は、解剖学を学んでいる人によって書かれているはずですが、間違いがあるかもしれません。内容はかならず教科書その他で確認してください。また間違いをみつけたら「編集」から直していただくか、「ノート」にコメントを残していただけるとうれしいです。
 どのページにでも自由にリンクしてください。でも、このサイトの文を他の場所に転載(コピー・ペースト)しないでください(コピーした内容に間違いがあったとき、その間違いはその後このサイト上では誰かに修正されるかもしれませんが、あなたがコピーした先では間違ったまま残ってしまいます)。