平滑筋

『1年生の解剖学辞典』~ 解剖学をこれから学ぶ人向けの用語解説 ~

関連する説明は、筋組織の項目にもあります

内臓筋でこの項目を参照しています

 平滑筋とは、筋肉をつくっている筋組織の種類のうちのひとつ。「平滑」というのは、「模様がない」という意味で、顕微鏡で筋線維の縦断面?を観察したときに、このタイプの筋線維(=筋細胞)には「横紋」(横方向のしましま)が見られないことから。横紋があるタイプの筋組織を横紋筋という。

言語表記発音、読み方
日本語医学平滑筋へいかつきん
内臓筋ないぞうきん
英語smooth muscle*ース・ッスル
visceral muscle**ヴィセラル・ッスル
* 平滑筋に対応
** 内臓筋に対応

 横紋筋の横紋は、筋細胞内のサルコメア?がきちんと列を成して並んでいると見える。

平滑筋の例

 非常に多くの内臓に普通に含まれている。特に管状、袋状の形をしたものの壁には、平滑筋が層をつくっているものがよくある。たとえば。子宮の壁、血管尿管精管卵管などには平滑筋の層がある。また、皮膚の根元(毛包)にあって鳥肌?をたたせる筋(立毛筋)も平滑筋である。

関連する言葉

  • 内臓筋 - 内臓にある筋、つまり平滑筋のこと。
  • 不随意筋 - 平滑筋はたいていみな自律神経によって調節され、意識的に運動を起こすことはできないので、不随意筋である。他に心筋も不随意筋である。

カテゴリー: 組織分類 | 筋組織

 
 

<ご注意> 『1年生の解剖学辞典』は、解剖学を学んでいる人によって書かれているはずですが、間違いがあるかもしれません。内容はかならず教科書その他で確認してください。また間違いをみつけたら「編集」から直していただくか、「ノート」にコメントを残していただけるとうれしいです。
 どのページにでも自由にリンクしてください。でも、このサイトの文を他の場所に転載(コピー・ペースト)しないでください(コピーした内容に間違いがあったとき、その間違いはその後このサイト上では誰かに修正されるかもしれませんが、あなたがコピーした先では間違ったまま残ってしまいます)。