冠状動脈

『1年生の解剖学辞典』~ 解剖学をこれから学ぶ人向けの用語解説 ~

冠動脈でこの項目を参照しています

 冠状動脈とは、心臓そのものに酸素を供給する動脈(=心臓の栄養血管)。心臓をでたばかりの大動脈から2本(右冠状動脈左冠状動脈)が枝分かれし、心臓の表面(筋層の外側)を走る。

言語表記発音、読み方
日本語医学冠状動脈かんじょうどうみゃく
冠動脈かんどうみゃく
英語coronary arteryロナリー・ーテリー
ラテン語arteria coronariaアルテリア・コロナリア

 大動脈から分かれた最初は、心臓の表面の冠状溝心房心室の境界をつくる。心臓のまわりを取り巻く)を進む。

カテゴリー: 循環器系 | 心血管系 | 血管 | 胸部 | 心臓

 
 

<ご注意> 『1年生の解剖学辞典』は、解剖学を学んでいる人によって書かれているはずですが、間違いがあるかもしれません。内容はかならず教科書その他で確認してください。また間違いをみつけたら「編集」から直していただくか、「ノート」にコメントを残していただけるとうれしいです。
 どのページにでも自由にリンクしてください。でも、このサイトの文を他の場所に転載(コピー・ペースト)しないでください(コピーした内容に間違いがあったとき、その間違いはその後このサイト上では誰かに修正されるかもしれませんが、あなたがコピーした先では間違ったまま残ってしまいます)。