筋層

『1年生の解剖学辞典』~ 解剖学をこれから学ぶ人向けの用語解説 ~

 筋層とは、筋肉がシート状にひらべったく広がって、ある程度の厚さを持ったを作っているときの呼び方。例えば、おなかの壁(腹壁)をつくっている腹筋(腹壁筋)の層や、の管の壁を作っている筋などが筋層と呼ばれる。

言語表記発音、読み方
日本語医学筋層きんそう
英語muscle layerマッスル・イヤー
muscular layerスキュラー・イヤー
muscle coatマッスル・ート
muscular coatスキュラー・ート
ラテン語tunica muscularis(英語読み)テュニカ・マスキュリス
(ラテン語読み)トゥニカ・ムスクラリス
muscularis(英語読み)マスキュリス
(ラテン語読み)ムスクラリス

 は筋細胞(=筋線維)が無数に集まってできているが、筋細胞は1つ1つが縮んで引っ張り力を出すことができる。筋細胞が一定の方向に配列して平面的に集まると、全体として非常に大きな力を出すことができる「筋肉の壁」をつくれる。なにかの構造の壁が筋肉でできていると、筋が収縮するとピンと張ったり、逆にゆるめたりという調節ができる。たとえば、おなかには骨がないが、腹筋の層に力を入れることで、おなかの壁(腹壁)を硬くし、おなかの内臓(腹腔内臓)を外側から押さえつけることができる。これは排便のときに重要。また、腸の壁では筋層が周期的に縮むことで、腸が蠕動運動をして、内容物を肛門の方向に順々に押しやることができる。

 層全体としては筋線維がたくさん含まれていても、筋以外の成分もいろいろ含まれていると、筋層とはいわないことがある。例:血管中膜のことを筋層とはあまり言わない。血管、特に動脈の中膜には平滑筋が多いが、弾性線維も多い。胆嚢前立腺の壁には平滑筋が多いが、こちらも線維が多いので、筋層とはあまり言わない。

 筋層を作っている筋組織の種類はその筋層によって違う。腹筋(腹壁筋)の層は、横紋筋骨格筋でできているし、腸の壁(腸壁)を作っている筋層は、他の内臓にある筋と同じように、平滑筋(内臓筋)でできている(平滑筋層という)。

筋層がある場所の例

関連する用語

  • 筋束:筋線維が集まって束になったもの
  • 筋板:筋層ほどしっかりした厚みをもたない、筋でできたうすっぺらいシートのこと

カテゴリー: 運動器系 | | 筋系

 
 

<ご注意> 『1年生の解剖学辞典』は、解剖学を学んでいる人によって書かれているはずですが、間違いがあるかもしれません。内容はかならず教科書その他で確認してください。また間違いをみつけたら「編集」から直していただくか、「ノート」にコメントを残していただけるとうれしいです。
 どのページにでも自由にリンクしてください。でも、このサイトの文を他の場所に転載(コピー・ペースト)しないでください(コピーした内容に間違いがあったとき、その間違いはその後このサイト上では誰かに修正されるかもしれませんが、あなたがコピーした先では間違ったまま残ってしまいます)。