心臓

『1年生の解剖学辞典』~ 解剖学をこれから学ぶ人向けの用語解説 ~

でこの項目を参照しています

 心臓とは、またはとは、胸腔にある器官で、静脈から戻ってきた血液を、動脈へと流しだすポンプの働きをする、袋状になったの壁でできている。器官系では、心血管系脈管系循環器系(循環系)などに含まれる(それぞれは含まれる器官が多少違うだけ)。

言語表記発音、読み方
日本語医学心臓しんぞう
*しん
英語heartート
形容cardiac **ーディアック
ラテン語corコル
接尾~ cardium ***~カルディウム
* 内臓の名前で、「~臓」となっているものは、「臓」を省略しても臓器の名前として通じる場合がある。に解説あり
** 形容詞で「心臓の~」としたいとき、heart を使ったり、cardiac を使ったりする
*** 心臓に関する名前のとき、別の言葉のあとにくっつけて使う

 ヒトを含む哺乳類の心臓は4つの部屋に分かれている。静脈とつながっていて、静脈から血液が最初に流れ込む部屋は心房といい、右心房左心房の2つある。動脈につながっていて、動脈に血液を送り出す部屋は心室といい、右心室左心室と2つある。心房と心室のつながりは以下のようになっている。

  • 全身の組織から戻ってきた血液 → 上大静脈下大静脈右心房右心室肺動脈 → 血液はに送られて、肺で酸素を補給
  • 肺から戻ってきた血液 → 左右の肺静脈 → 左心房 → 左心室 → 血液は全身の組織へと送られる

カテゴリー: 循環器系 | 心血管系 | 胸部 | 器官 | 心臓

 
 

<ご注意> 『1年生の解剖学辞典』は、解剖学を学んでいる人によって書かれているはずですが、間違いがあるかもしれません。内容はかならず教科書その他で確認してください。また間違いをみつけたら「編集」から直していただくか、「ノート」にコメントを残していただけるとうれしいです。
 どのページにでも自由にリンクしてください。でも、このサイトの文を他の場所に転載(コピー・ペースト)しないでください(コピーした内容に間違いがあったとき、その間違いはその後このサイト上では誰かに修正されるかもしれませんが、あなたがコピーした先では間違ったまま残ってしまいます)。